ページ内を移動するためのリンクです

Vol.025 かぜに抗生物質は必要? お薬相談 医療特集 - メディカルiタウン


ここから本文です

医療特集

Vol.025 かぜに抗生物質は必要?

NTT東日本関東病院 薬剤師 入口 慎史

回答:

皆さんはかぜにかかったことはありますか?かぜにかかったときには、解熱剤・鼻水を止めるお薬・咳止めのお薬を処方されると思います。しかし、医師が抗生物質を処方してくれる時と、くれない時があると思います。

かぜは正式には急性上気道炎、感冒、かぜ症候群という言い方をします。かぜはウイルスが原因の感染症であり、かぜを引き起こすウイルスには抗生物質は効きません。したがって、抗生物質を飲んでも早く治るということは無いのです。逆に抗生物質の副作用が起きてしまったり、耐性菌という昔は効いていた抗生物質が効かない菌が増えてしまう可能性があります。なにより効かないのに飲むなんて薬がもったいないですね。お金もかかりますし…。

しかし、抗生物質が必要な場合があります。それはかぜのように見えて、かぜではないときです。かぜと同じような症状を起こす咽頭炎、伝染性単核球症、副鼻腔炎、中耳炎などでは抗生物質を飲む必要がある場合があります。医師はこういった病気をしっかり診断をしたうえで、抗生物質を処方するかどうかを決めています。

したがって「はやく治したいので、抗生物質お願いします」とは言わず、医師の指示に従うのが良いでしょう。処方された場合には自己の判断で中止したりせず、しっかり服用しましょう。わからないことがある場合には、医師または薬剤師に相談してみるのが良いと思います。

本文は、NTT東日本関東病院 広報誌「もしもし」2012年9-10月号に掲載された記事を転載しています。

情報提供元 : (C)NTT東日本関東病院
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

指定場所から病院を探す

気になる症状があるときは、早めの受診をおすすめします。自宅近くや通勤途中の駅など、通いやすい場所から専門の医療機関を探してみましょう。

病院検索では、全ての診療科目一覧から探すことができます。

iタウンページで医療機関を探す

×
検索履歴(場所):

NTT東日本関東病院 人間ドックキャンペーン

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります