ページ内を移動するためのリンクです

Vol.020 配合剤について教えてください お薬相談 医療特集 - メディカルiタウン


ここから本文です

医療特集

Vol.020 配合剤について教えてください

NTT東日本関東病院 薬剤師 坂田 修一

回答:

近年、配合剤とよばれる2種類以上の異なるお薬を組み合わせた医薬品が発売されています。配合剤とは高血圧薬と利尿薬、高血圧薬とコレステロールを下げるお薬、効き目の異なる2種類の糖尿病薬など組み合わさったお薬です。配合剤は飲むお薬だけでなく、喘息の吸入薬や緑内障の点眼薬にもみられます。

平成21年度国民健康・栄養調査報告書によると、成人の32.9%が1種類以上のお薬を服用しており、そのうち血圧のお薬を飲んでいる人が78%で、コレステロールや中性脂肪を下げるお薬を飲んでいる人が46%となっています。

配合剤は1回に服用するお薬の錠数を減らすことができるため、患者さんにとって利便性が高いと言われています。また、2剤を組み合わせることで、より高い治療効果や心配される副作用を軽減することができるお薬もあります。便利な配合剤ですが、あらかじめお薬の成分量が決められた組み合わせのため、初めてお薬を服用する時や症状が安定せず、いわゆる『さじ加減』が必要な場合には適しません。主治医とご相談のうえ上手に利用したいお薬です。

本文は、NTT東日本関東病院 広報誌「もしもし」2012年1-2月号に掲載された記事を転載しています。

この相談に関連する症状チェック

情報提供元 : (C)NTT東日本関東病院
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

指定場所から病院を探す

気になる症状があるときは、早めの受診をおすすめします。自宅近くや通勤途中の駅など、通いやすい場所から専門の医療機関を探してみましょう。

病院検索では、全ての診療科目一覧から探すことができます。

iタウンページで医療機関を探す

×
検索履歴(場所):

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります