ページ内を移動するためのリンクです

Vol.011 コンタクトレンズとお薬について教えてください。 お薬相談 医療特集 - メディカルiタウン


ここから本文です

医療特集

Vol.011 コンタクトレンズとお薬について教えてください。

NTT東日本関東病院 薬剤師 須合 隆行

回答:

コンタクトレンズを着けたまま使ってはいけない目薬があることはご存じでしょうか? 知らずに使ってしまうと、コンタクトレンズの変形や目薬に含まれる成分・防腐剤がコンタクトレンズに付着してしまうことがあります。ソフトコンタクトレンズはデリケートな素材でつくられているため、涙よりも濃い(浸透圧の高い)目薬をさしてしまうことでコンタクトレンズから水分を奪い、形をゆがめてしまうことがあります。またお薬の成分が付着してしまうことで、本来のお薬の効果が十分に得られないということや長時間にわたってお薬の成分が目に接触し、副作用を招くということがあります。

さらに防腐剤に関してはコンタクトレンズに蓄積し、目に悪い影響をもたらすこともあります。目薬以外でも相性の良くないお薬があります。関節リウマチや潰瘍(かいよう)性大腸炎の治療薬で用いられるサラゾスルファピリジン(当院採用:アザルフィジン®EN錠、サラゾピリン®錠)や結核の治療などで用いられるリファンピシン(当院採用:リファジン®カプセル)という飲み薬では、コンタクトレンズに色をつけてしまうことが知られています。

このようにコンタクトレンズとお薬にも相性があるのだということを理解し、お薬をもらったときは医師・薬剤師に相談してみましょう。

本文は、NTT東日本関東病院 広報誌「もしもし」2010年7-8月号に掲載された記事を転載しています。

情報提供元 : (C)NTT東日本関東病院
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

指定場所から病院を探す

気になる症状があるときは、早めの受診をおすすめします。自宅近くや通勤途中の駅など、通いやすい場所から専門の医療機関を探してみましょう。

病院検索では、全ての診療科目一覧から探すことができます。

iタウンページで医療機関を探す

×
検索履歴(場所):

ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります