ページ内を移動するためのリンクです

Vol.003 お通じを良くするお薬について教えてください。 お薬相談 医療特集 - メディカルiタウン


ここから本文です

医療特集

Vol.003 お通じを良くするお薬について教えてください。

NTT東日本関東病院 薬剤師 吉成 信江

回答:

お通じを良くするお薬は、作用によって以下のように分けることができます。

腸内細菌のバランスの乱れを整えることによってお通じを良くするお薬

バランスを整えるお薬は、便秘だけでなく下痢に対して使われることもあり、副作用も少ないです。当院では、ラックビーN®やビオスリー®を使用しています。

大腸を刺激することにより腸の働きを良くし、お通じを良くするお薬

腸の働きが低下している人に向いていて、個人差もありますが、8~12時間後に効果が出る人が多いようです。比較的作用は強力ですが、腸に便がたまり硬くなってしまった場合には、効果がないお薬もあります。主なお薬としては、ラキソベロン®、プルゼニド®、アローゼン®があります。

水分を体内から腸に移動させることにより、便を軟らかくし、お通じを良くするお薬

多めの水と一緒に服用すると効果が出やすくなります。主なお薬には、酸化マグネシウム®やマグラックス®があります。

ただし、便秘の症状は、食生活や生活習慣によっても変化するので、お薬を飲むだけでなく、生活環境を改善することも大事です。症状が良くなってきたら、自分で様子を見ながらお薬の量を適宜調節していくと良いでしょう。主治医から指示が出ているときには、その指示通りに服用してください。

薬局で購入できるお薬にはさまざまな種類があります。購入する際には、薬剤師に相談することをお勧めします。

本文は、NTT東日本関東病院 広報誌「もしもし」2009年4-3月号に掲載された記事を転載しています。

情報提供元 : (C)NTT東日本関東病院
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

指定場所から病院を探す

気になる症状があるときは、早めの受診をおすすめします。自宅近くや通勤途中の駅など、通いやすい場所から専門の医療機関を探してみましょう。

病院検索では、全ての診療科目一覧から探すことができます。

iタウンページで医療機関を探す

×
検索履歴(場所):

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります