ページ内を移動するためのリンクです

Vol.062 手のしびれについて ~整形外科の立場から~ お医者さんに相談 医療特集 - メディカルiタウン


ここから本文です

医療特集

Vol.062 手のしびれについて ~整形外科の立場から~

NTT東日本関東病院 整形外科 医師 徳山 直人

回答:

患者以前から手のしびれが続いています。原因は何が考えられますか?

医師

「しびれ」の原因の多くは脳から末梢神経に至る何らかの神経の障害によるものです。しかし一時的なしびれ、例えば朝起きた時に体の下になっていた手がしびれたことは誰しも経験したことがあると思いますが、すぐに治まるしびれは血行が一時的に悪くなったためで心配はありません。

また「しびれ」と言う表現の中には身体的には色々な状態が含まれます。例えば触った感覚が鈍くなっている場合や、長く正座した後の足のように触らずともジンジンした異常な感覚が生じている場合、さらに力が入りにくいなどの運動麻痺を指している場合もあります。

このように、「しびれ」は障害を受ける神経によって異なる症状が含まれます。ご相談の「手のしびれ」に関しては、しびれ方、持続時間、しびれる部位や範囲などにより原因がある程度予測がつくことがあります。その他のしびれの原因としては糖尿病・アルコールによる末梢神経障害や精神疾患のパニック障害・うつ病などに起因するしびれ、閉塞性動脈硬化症やバージャー病、レイノー病という血流障害による場合などがあります。

患者特にこの数カ月間、夜から明け方にかけて親指から薬指がしびれて困っています。

医師

母指(親指)・示指(人差し指)・中指(なか指)と環指(薬指)の母指側半分だけがしびれている場合は正中神経の障害が考えられ、手根管症候群が最も疑われます。初期や軽症の時は、示・中指のしびれだけのこともあります。痛みや手のこわばり感が出ることもあります。ひどくなると母指の付け根(母指球筋)がやせて母指と示指できれいな丸(OKサイン)ができなくなり細かいものがつまみにくくなります。

また今回は違うようですが小指と環指の小指側半分がしびれたら、尺骨神経の障害で肘部管症候群が最も疑われます。

患者では手根管症候群と肘部管症候群についてさらに詳しく教えてください。

医師

手根管症候群は原因不明の特発性が多いのですが妊娠・出産期や更年期の女性に多く生じるのが特徴で、骨折などのケガ、仕事やスポーツでの手の使い過ぎ、透析をしている人、腫瘤などのできものが原因となることもあります。病態としては正中神経が手首(手関節)にある手根管という狭いトンネル内で圧迫されることにより発症します。先ほどの身体所見に加え、補助検査として電気を用いた正中神経の伝導速度検査や、腫瘤が疑われるものではエコーやMRIなどの検査が必要になります。

手根管症候群の診断が下されたら、消炎鎮痛剤やビタミンB12などの飲み薬、塗布薬、運動や仕事の軽減やシーネ固定など局所の安静、手根管内のステロイド注射などの保存的療法が行われます。難治性のものや母指球筋のやせたもの、腫瘤のあるものなどは正中神経の圧迫を取るための手術が必要になります。

次に肘部管症候群は、肘の内側で尺骨神経が慢性的に圧迫されたり牽引されることで発症します。神経の通り道にある靱帯やガングリオンなどの腫瘤による圧迫、仕事やスポーツなどでの肘の使い過ぎ、加齢・外傷に伴う肘の変形、子どもの時の骨折による肘の変形治癒後などの原因があります。尺骨神経の障害が進行すると手の筋肉がやせたり、小指と環指の変形が起きて手の細かい作業がしにくくなります。

治療はまず薬物の投与・肘の安静などの保存療法を行います。これらの治療が無効の場合や麻痺が進行している時は、尺骨神経を圧迫している靱帯の切離やガングリオンの切除といった尺骨神経の圧迫を取り除く手術を行いますが、それでも神経の緊張が強い場合には骨を削ったり神経を前方に移動する手術を行います。肘の変形が高度な場合には変形を手術的に治す場合もあります。

手がしびれる原因はその他にもあり、整形外科疾患では脊髄の圧迫による脊髄症や神経根の圧迫、腕神経叢の圧迫による場合があります。病名では、頚椎症性脊髄症、頚椎症性神経根症、頚椎椎間板ヘルニア、胸郭出口症候群などでもしびれが生じます。手のしびれが続いて気になる場合はご相談ください。

手根管症候群 症状

手根管症候群 症状

手根管症候群 病態

手根管症候群 病態

肘部管症候群 症状

肘部管症候群 症状

本文は、NTT東日本関東病院 広報誌「もしもし」2016年11-12月号に掲載された記事を転載しています。

情報提供元 : (C)NTT東日本関東病院
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

指定場所から病院を探す

気になる症状があるときは、早めの受診をおすすめします。自宅近くや通勤途中の駅など、通いやすい場所から専門の医療機関を探してみましょう。

病院検索では、全ての診療科目一覧から探すことができます。

iタウンページで医療機関を探す

×
検索履歴(場所):

ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります