ページ内を移動するためのリンクです

Vol.056 関東病院しあわせプログラムについて お医者さんに相談 医療特集 - メディカルiタウン


ここから本文です

医療特集

Vol.056 関東病院しあわせプログラムについて

NTT東日本関東病院 精神神経科 臨床心理士 河口 英子

回答:

患者物忘れ防止対策として関東病院しあわせプログラムがあると伺ったのですが?

医師

はい。当院では、精神神経科と神経内科、リハビリテーション科、総合相談室が連携し、グループで楽しみながら、もの忘れを防止したり、生活の質を向上することを目的とした『関東病院しあわせプログラム』を行っています。

患者希望すれば誰でも参加できるのでしょうか?

医師

しあわせプログラムは、60歳以上で軽度の物忘れがあり、原則ご家族とすべてのセッションに来院することができる方を対象にさせていただいています。また、グループで運動も行っていくため、1キロ位の距離を補装具なしで歩ける方を対象にしています。
補装具:杖や歩行器、車椅子など

患者プログラムの内容は?

医師

「もの忘れの検査」「回想法・運動療法・家族相談」を行います。

「もの忘れの検査」では、集中力や記憶力などの脳の働きを確認する認知機能検査、抑うつを評価する心理検査、生活状況や自立度などを確認する検査、身体バランスのチェックを行います。また運動も行うため、最近1年間に心電図をとっていない方には、心電図検査を受けていただくことをお願いしています。血液検査や脳画像検査はご希望がある方に行っております。また、ご一緒に参加されるご家族にも、介護負担などの検査を実施しています。

「回想法」では、懐かしい玩具や写真を用いて、グループで昔の思い出を語り合ったり、思い出を共有していきます。懐かしい思い出の共有は、精神的な健康を改善すると考えられています。「運動療法」では、脳の血流を上げる有酸素運動を行っています。運動療法には、毎回ご家族の方にも参加していただき、ご自宅での運動習慣を作るきっかけにさせていただいております。「家族相談」は、ご家族の不安や心配事、患者さんの状態に合わせた情報提供などを行っています。

患者どのくらいの期間行うのですか?

医師

「もの忘れの検査」は外来で2~3回に分けて行います。「回想法・運動療法」は毎週月曜日の午後2時から3時15分に連続8週にわたって行っています。プログラムの途中参加はできませんので、開始日程につきましては、精神神経科外来(03-3448-6321 河口)までお問い合わせください。プログラムは全体で3カ月くらいの期間となります。

患者参加費用についても教えていただけますか?

医師

プログラムは、すべて保険診療の対象となっております。「もの忘れの検査」は、受ける検査によって金額が異なりますので、ご相談ください。また「回想法・運動療法・家族相談」は、1割負担の方で1回約600円となります。

本文は、NTT東日本関東病院 広報誌「もしもし」2015年11-12月号に掲載された記事を転載しています。

情報提供元 : (C)NTT東日本関東病院
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

指定場所から病院を探す

気になる症状があるときは、早めの受診をおすすめします。自宅近くや通勤途中の駅など、通いやすい場所から専門の医療機関を探してみましょう。

病院検索では、全ての診療科目一覧から探すことができます。

iタウンページで医療機関を探す

×
検索履歴(場所):

ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります