ページ内を移動するためのリンクです

Vol.042 急性喉頭蓋炎とは お医者さんに相談 医療特集 - メディカルiタウン


ここから本文です

医療特集

Vol.042 急性喉頭蓋炎とは

NTT東日本関東病院 耳鼻咽喉科 頭頚部外科 医師 溜箭 紀子

回答:

患者急性喉頭蓋炎とはどのような病気ですか?

医師

喉頭蓋やその周囲の細菌感染により生じる炎症です。喉頭蓋は図のように舌・咽頭の深部に存在し、空気の通り道(呼吸路)と食物の通り道(嚥下路)に位置しています。炎症により喉頭蓋が腫脹すると呼吸や飲み込みの障害となり、重症化すると窒息から死に至ることもあるため、早期に正しい診断・治療を受けることが重要となります。

図:喉頭蓋

患者怖い病気ですね。どのような症状ですか?また、どのようにすれば適切な診断が受けられますか?

医師

かぜ症状と同様に咽頭痛や嚥下痛、発熱で始まります。時間とともに嚥下困難感や頸部の不快感・腫脹感、呼吸困難感やしゃべりにくいなどといった症状がでてきます。喉頭ファイバースコープ検査で喉頭蓋とその周囲を直接観察することにより、診断は容易につきます。小規模の診療所や内科では喉頭ファイバースコープ検査を実施していないことが多く、一般的な口腔内からの咽頭診察では異常が見つからないことがあります。呼吸困難感を自覚する場合は早めに耳鼻咽喉科で診察を受けてください。

患者どのような治療をするのですか?

医師

抗菌薬とステロイドホルモンの点滴治療を行います。短時間のうちに気道狭窄を来たすこともあり、厳重な経過観察を要するため、多くは入院治療となります。喉頭・喉頭蓋の腫脹の程度によっては、空気の通り道を確保するために気管内挿管や気管切開を要することがあります。受診時すでに重症化している場合は、気管内挿管が困難なため緊急で気管切開をすることもあります。

患者何が原因でなるのですか?

医師

起炎菌としてH.infl uenzae b 型が考えられています。かつては小児の疾患とされていましたが、Hibワクチンの普及により小児の発症率が激減し、最近では成人での報告例がほとんどです。約10% 程度に喉頭蓋嚢胞と呼ばれる病変がもともと存在するとも言われています。糖尿病や喫煙などの関連も検討されていますが、現時点で明確な因子と判定するには至っていません。

対応がおくれたために死亡する症例もみられる疾患です。上記症状を有する場合にはすみやかに耳鼻咽喉科を受診してください。

本文は、NTT東日本関東病院 広報誌「もしもし」2013年5-6月号に掲載された記事を転載しています。

情報提供元 : (C)NTT東日本関東病院
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

指定場所から病院を探す

気になる症状があるときは、早めの受診をおすすめします。自宅近くや通勤途中の駅など、通いやすい場所から専門の医療機関を探してみましょう。

病院検索では、全ての診療科目一覧から探すことができます。

iタウンページで医療機関を探す

×
検索履歴(場所):

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります