ページ内を移動するためのリンクです

Vol.024 「サプリメント」や「健康食品」について お医者さんに相談 医療特集 - メディカルiタウン


ここから本文です

医療特集

Vol.024 「サプリメント」や「健康食品」について

NTT東日本関東病院 糖尿病・内分泌内科 部長 林 道夫

回答:

患者テレビで見たサプリメントを飲んでみたいのですが?

医師

「サプリメント」や「健康食品」という言葉をよく耳にします。最近の調査によると、約3割の人が毎日利用し、過去の利用経験を含めると約8割が利用しているとのことです。

患者薬と違って副作用がないから体に優しいと思うのですが?

医師

「サプリメント」や「健康食品」というのは、実ははっきりとした定義のない言葉です。医師が処方する薬は、効き目や副作用を詳しく調べた上で認可されていますが、「サプリメント」や「健康食品」は、薬とは違って、いわば野放し状態で、利用されている原材料の純度や成分量は業者によってさまざまです。有害物質が混入している可能性すらあります。「サプリメント」や「健康食品」には副作用がないというのは間違いです。

患者「サプリメント」や「健康食品」は、どのように使えばよいのでしょうか?

医師

「サプリメント」や「健康食品」は、医師が処方する薬に代わるものではありません。あくまでも健康が気になり始めた方を対象に、そのような方が生活習慣を改善する「動機付け」として使うのが望ましいものです。医師が処方する薬との飲み合わせが問題になる場合もあります。かかりつけの医師には必ず相談すること、「サプリメント」や「健康食品」にも副作用があることを肝に銘じておくこと、このことを忘れないでください。

本文は、NTT東日本関東病院 広報誌「もしもし」2010年9-10月号に掲載された記事を転載しています。

情報提供元 : (C)NTT東日本関東病院
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

指定場所から病院を探す

気になる症状があるときは、早めの受診をおすすめします。自宅近くや通勤途中の駅など、通いやすい場所から専門の医療機関を探してみましょう。

病院検索では、全ての診療科目一覧から探すことができます。

iタウンページで医療機関を探す

×
検索履歴(場所):

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります