ページ内を移動するためのリンクです

Vol.017 社会不安障害治療について お医者さんに相談 医療特集 - メディカルiタウン


ここから本文です

医療特集

Vol.017 社会不安障害治療について

NTT東日本関東病院 精神神経科 部長 秋山 剛

回答:

患者社会不安障害とは、どのような病気ですか?

医師

「社会」とは、人がたくさんいる状況ということです。人がたくさんいるところで、ほかの人から注意を向けられるかもしれないと考えて不安になってしまう病気です。治療としては、抗不安薬、抗うつ薬といった薬物療法のほか、認知療法、行動療法、森田療法といった精神療法が行われます。

患者眠れないことがあるのですが、睡眠薬は癖になるとききました。

医師

現在使用されている睡眠薬は、昔の睡眠薬に比べると、癖になる傾向(依存性)は低いです。ただし、睡眠薬を多量に長期間服用すれば、癖になる傾向が問題になることはあります。服用の際には、専門医にご相談ください。

患者NTT東日本関東病院では、タイダルモデルという看護をしていると聞きました。
どのようなモデルですか?

医師

タイダルとは、波という意味です。人間の体調や症状には、良い状態、悪い状態の波があります。自分の変化を患者さん自身が把握し、良い波を引き寄せられるようになれば、治療上とても役に立ちます。タイダルモデルでは、患者さんが自分の波を良い方にもっていけるように、看護師が援助します。

本文は、NTT東日本関東病院 広報誌「もしもし」2010年3-4月号に掲載された記事を転載しています。

薬を探す

情報提供元 : (C)NTT東日本関東病院
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

指定場所から病院を探す

気になる症状があるときは、早めの受診をおすすめします。自宅近くや通勤途中の駅など、通いやすい場所から専門の医療機関を探してみましょう。

病院検索では、全ての診療科目一覧から探すことができます。

iタウンページで医療機関を探す

×
検索履歴(場所):

NTT東日本関東病院 人間ドックキャンペーン

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります