ページ内を移動するためのリンクです

Vol.013 前立腺がんとは? お医者さんに相談 医療特集 - メディカルiタウン


ここから本文です

医療特集

Vol.013 前立腺がんとは?

NTT東日本関東病院 泌尿器科 医師 河野 義之

回答:

患者前立腺とは、どこにあって何をする臓器ですか?

医師

骨盤の底にあって、精液の一部を作る臓器です。前方は恥骨、後方は直腸と接しているので、直腸に指を入れると前立腺に触れることができます。これは泌尿器科でよく行われる診察法です。

患者前立腺がんになりやすいのは?

医師

年齢が高くなるほど多くなります。日本では大腸がんや乳がんとともに増加し続けていて、栄養価の高い食事、特に脂肪が原因ではないかとの仮説があります。また近年、前立腺がんが家族内に集積することが知られてきました。親、兄弟に前立腺がんの方が複数いる場合には、要注意です。

患者どうやって調べるのですか?

医師

簡単な採血で調べることができます。PSA検査といって、前立腺がんの約90%を発見できる精度の高い検査です。PSA値が4.0ng/mLを超えると10人に2、3人、10ng/mLを超えると10人に5、6人の割合で前立腺がんが発見されます。ただし、がん以外での前立腺肥大症や前立腺炎でも上昇するので、確定診断には前立腺針生検が必要です。

患者前立腺がんと診断されたら?

医師

前立腺がんは、骨やリンパ節に転移しやすい性質を持っています。骨シンチグラフィーやCT、MRIなどでがんの拡がりを調べます。これを病期診断といいます。前立腺がんは、ほかの臓器がんと比べて進行が緩やかで、効果の高い治療方法が多いため、早期に発見すれば治りやすいがんです。男性は50歳を過ぎたら、毎年1回はPSA検査を受けることをお勧めします。

本文は、NTT東日本関東病院 広報誌「もしもし」2009年11-12月号に掲載された記事を転載しています。

情報提供元 : (C)NTT東日本関東病院
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

指定場所から病院を探す

気になる症状があるときは、早めの受診をおすすめします。自宅近くや通勤途中の駅など、通いやすい場所から専門の医療機関を探してみましょう。

病院検索では、全ての診療科目一覧から探すことができます。

iタウンページで医療機関を探す

×
検索履歴(場所):

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります