ページ内を移動するためのリンクです

Vol.003 白血病とは? お医者さんに相談 医療特集 - メディカルiタウン


ここから本文です

医療特集

Vol.003 白血病とは?

NTT東日本関東病院 血液内科 部長 臼杵 憲祐

回答:

患者白血病とは、どんな病気ですか?

医師

白血病は血液の中に含まれる白血球の悪性腫瘍(しゅよう)、すなわちがんです。

患者白血球とは何ですか?

医師

血液は「細胞成分」と血漿(けっしょう)と呼ばれる「液体成分」からできています。白血球はこの「細胞成分」の一つであり、体の抵抗力を担っています。そのほかの「細胞成分」には、赤血球と血小板があり、赤血球は酸素運搬を、血小板は出血を止める働きをします。

患者白血病が進むとどうなるのですか?

医師

がん化した白血球である白血病細胞が増えると、正常な白血球や赤血球、血小板の産生が妨げられて、それらの細胞の数が減ります。正常な白血球が減少するために抵抗力がなくなり、感染症を起こしやすくなり、肺炎や敗血症になります。また、赤血球が減るので貧血になります。血小板が減少して出血を止める働きが落ちるので、出血しやすくなり、脳出血や肺出血などを起こしやすくなります。

本文は、NTT東日本関東病院 広報誌「もしもし」2008年11-12月号に掲載された記事を転載しています。

情報提供元 : (C)NTT東日本関東病院
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

指定場所から病院を探す

気になる症状があるときは、早めの受診をおすすめします。自宅近くや通勤途中の駅など、通いやすい場所から専門の医療機関を探してみましょう。

病院検索では、全ての診療科目一覧から探すことができます。

iタウンページで医療機関を探す

×
検索履歴(場所):

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります