ページ内を移動するためのリンクです

Vol.001 冬に多い乳幼児の嘔吐(おうと)下痢症について教えてください。 お医者さんに相談 医療特集 - メディカルiタウン


ここから本文です

医療特集

Vol.001 冬に多い乳幼児の嘔吐(おうと)下痢症について教えてください。

NTT東日本関東病院 小児科 医師 内山 千登世

回答:

患者どんなウィルスによって起こりますか?

医師

ノロウィルスやロタウィルスによって起こることが多いといわれています。

患者どうやってうつりますか?

医師

感染した人の吐いた物や便で汚染された手指や器物を介してウィルスが口に入って感染します。

患者主にどんな症状が見られますか?

医師

主な症状は嘔吐、下痢、腹痛です。ノロウィルス感染では嘔吐の症状が強く見られます。ロタウィルス感染では発熱や咳(せき)・鼻水などを伴うことも多く、白っぽい粘土のような便が見られます。

患者予防法はありますか?

医師

感染予防で重要なのは流水・石けんによる手洗いです。嘔吐物や下痢物の処理には手袋を使用し、手洗いを徹底してください。感染した器物の消毒には、ロタウィルスでは熱湯で1分以上の加熱、ノロウィルスではミルトン®などの次亜塩素酸が有効です。

患者ホームケアのポイントを教えてください。

医師

脱水症状を防ぐため、イオン飲料などの塩分・糖分を含む水分を少量ずつ与えてください。吐きはじめの吐き気の強いときは欲しがっても飲ませず、1~2時間嘔吐がないことを確かめてから少しずつ与えましょう。吐いた物に血液や胆汁(緑色)が混ざっていたり、血便が見られたりしたとき、ぐったりして元気がないときには速やかに医療機関を受診しましょう。

情報提供元 : (C)NTT東日本関東病院
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

指定場所から病院を探す

気になる症状があるときは、早めの受診をおすすめします。自宅近くや通勤途中の駅など、通いやすい場所から専門の医療機関を探してみましょう。

病院検索では、全ての診療科目一覧から探すことができます。

iタウンページで医療機関を探す

×
検索履歴(場所):

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります