ページ内を移動するためのリンクです

歯周病を甘く見てはいけない - 歯周病の原因と対策 歯と健康 医療特集- メディカルiタウン


ここから本文です

医療特集

歯周病を甘く見てはいけない - 歯周病の原因と対策

歯周病には、直接的な原因と間接的な原因があります。

直接的な歯周病の原因

プラーク(歯垢)や歯石の中に住みついた、グラム陰性嫌気性桿菌(いんせいけんきせいかんきん)と呼ばれる細菌が歯周病の原因です。読んで字のごとく、空気を嫌う細菌であるため嫌気性と付けられています。この細菌は、空気が届きにくい深部に多く見られるのが特徴で、表面を簡単に清掃しただけでは排除できません。まずは、徹底した細菌のコントロールが重要です。歯周病の予防方法については、次項で詳しくご説明していきます。

間接的な歯周病の原因

「歯科医院で歯石取りや歯のクリーニングをくり返しているが、いっこうに治癒しない」といわれる方がいらっしゃいます。それは間接的な原因を見極めて、治療していく必要があります。間接的な原因となるのは、

  • A)歯列不正(歯並びが悪い)のため清掃しにくい歯、
  • B)かみ合わせの力がのしかかっている歯、
  • C)歯ぎしりや食いしばりがある方、
  • D)全身的な病気や生活習慣に起因するもの(糖尿病、喫煙、ストレスなど)

が挙げられます。

A)歯列不正(歯並びが悪い)のため清掃しにくい歯

歯の磨けていない部分図3 歯が磨けていない部分

歯の位置が内側にはえており、歯を磨いているつもりでも、実は磨けていないことがあります。矯正治療により歯列を整えて磨き易い環境を与えたり、歯科衛生士による歯の専門的なクリーニングが重要となります。

B)かみ合わせの力がのしかかっている歯

B−1(対合歯の術前口腔内)図4 対合歯の口腔内

顎が楽な位置(中心位)でかみ合わせると、矢印の箇所が歯周病になっている歯に強くかみ込みます(対合歯)。

B−2(B−1の歯と強くかみ合う歯の術前レントゲン写真)図5 対合歯(図4)と強くかみ合う歯

対合歯(図4)と強くかみ合う歯に顕著な骨吸収が認められます。このかみ合わせを整えることが、歯周病治療にとって先決となります。

B−3(術後レントゲン写真)図6 術後レントゲン写真

力をコントロールし、歯周病治療を行う事により歯周炎による骨吸収の改善が認められました。エムドゲインというお薬(一般名:エナメルマトリックスデリバティブ)を用いた骨再生療法を併用した場合、費用は1ブロック15万円が相場です(歯科医の考え方や処置の難易度によって費用は異なります。疑問点は歯科医にご相談ください)。

C)歯ぎしりやくいしばりがある歯

歯が全体的にすり減り、歯ぎしりをされている方に特徴の、骨隆起という骨の膨らみが認められます。歯ぎしりや食いしばりのある方は、かむ力が通常の約6倍という文献もあります。歯槽骨にかかる負荷が、歯周病を促進させる原因となります。

歯ぎしりの原因については、近年さまざまな論争がされていますが、ストレスやかみ合わせのズレから生じるという報告が有力です。当院では、別の治療が目的で施した、全体的なかみ合わせを整える治療で、骨隆起が縮小したケースがありますが、今現在、直接的な科学的根拠は証明されていません。

C-1(治療前)治療前
C-2(治療後)治療後

図7 かみ合わせ治療による骨隆起の縮小

歯科を探そう!

自宅や職場の近く、通勤途中の駅などで、通いやすい歯科を探してみましょう。

iタウンページで歯科を探す

×
検索履歴(場所):

病院検索では、全ての診療科目一覧から探すことができます。


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります