ページ内を移動するためのリンクです

歯科治療の選択肢と費用 - 自由診療となる治療の特徴 歯と健康 医療特集- メディカルiタウン


ここから本文です

医療特集

歯科治療の選択肢と費用 - 自由診療となる治療の特徴

実際の治療では、材質によって「保険診療」となる場合と「自由診療」となる場合があります。材質の特徴から、一般に自由診療で用いられる材質のほうが見た目や耐用年数にすぐれていますが、歯科医の知識や技術によっても、その差が表れることがあります。

虫歯の一般的な治療である、インレー(詰め物)とクラウン(かぶせ物)について特長をご説明します。

インレー(詰め物)について

歯の治療で最も一般的なものがインレー(詰め物)です。

「保険診療」のインレー

公的医療保険の適用があるインレーの材質には、レジン(白い歯科用プラスチック)、金銀パラジウム合金(銀色の金属)などがあります。ただし、レジンを埋め込む治療には、歯科医の技術や知識などで差が出ることもあり、保険外の治療として行う歯科医院もみられます。

「保険診療」のインレー図1 インレーの治療例

■治療例:
A:金銀パラジウム合金のインレー(保険診療)
B:インプラントのねじを埋め込んだ状態(自由診療)

「自由診療」のインレー

自由診療では、セラミック、ハイブリッドセラミック、ゴールドインレー(金合金や白金加金)などがあります。

インレー(詰め物) 材質ごとの特徴と費用

インレーは、材質ごとに以下のような特徴があります。

表2 インレー 材質ごとの特徴と費用
材質 特徴(見た目、耐用年数、治療期間など) 1 本の費用目安(税別)
保険診療
レジン
(歯科用プラスチック)
色が歯に似ているので当初は見た目がよい
年数がたつと、変色の可能性がある
それほど強度がないため、かみ合わせが強いと欠けたり割れたりすることがある。リペアは可能
治療は短期間で終了(通院1~2 回)
×
材料の劣化は2~3 年で始まる
1,000 円程度
金銀パラジウム合金
硬すぎて治療した歯や、かみ合う歯を傷める可能性がある
時間がたつと、金属が溶け出し、歯や歯ぐきの変色や金属アレルギーを起こす可能性がある
治療は短期間で終了(通院2 回)
5年前後で何らかのトラブルが起こることが多い
×
審美性には欠ける
1,500円

3,000 円
程度
自由診療
セラミック(陶器)
見た目が自然で変色はほとんどなし
汚れがつきにくい
割れやすい
85,000 円
ハイブリッドセラミック
(セラミックとレジンの混合素材)
硬すぎず、かみ合う歯を傷めない
セラミックよりも審美的にはやや劣り、年数がたつと変色する
すり減りやすい
治療期間は通院2 回程度
40,000 円~
金合金、白金加金などのゴールドインレー
強度が強く、かみ合わせで強い力がかかる部分にも使うことができる
金属の中ではさびにくいので、溶け出しての変色やアレルギーが比較的出にくい
治療期間は通院2回程度

※自由診療の料金目安は、デンタルクリニックアレーズ銀座の例

クラウン(かぶせ物)について

歯の治療部分が大きい場合などでは、クラウンを選択することになります。インレーかクラウンかどちらを選択するか迷う場合には、歯科医師とよく相談してください。

クラウン(かぶせ物)図2 クラウンの治療例

■治療例:
C:
金属(金銀パラジウム合金)のインレーを詰めていた歯に、すべてセラミックを使ったオールセラミッククラウンをかぶせた歯(自由診療)
D:
セラミックで作った歯を差し込んだインプラントの歯(自由診療)

「保険診療」のインレー

治療前
治療後

図3 クラウンの治療例2

■治療例(右側):
E:左右上顎犬歯がラミネートベニア(※1)(自由診療)
F:下の前歯は天然歯、その他はオールセラミック(自由診療)

(※1)ラミネートべニアとは、歯の表面を薄く削り、セラミック製の薄い板を貼りつける方法。ホワイトニングではなかなか白くできない場合、歯の一部が欠損している場合、歯と歯の間が空いている(すきっ歯)場合などに応用可能。

クラウン(かぶせ物) 材質ごとの特徴と費用

クラウンにおいても、インレーと同様に材質ごとの特徴があります。

表3 クラウン 材質ごとの特徴と費用
材質 特徴(見た目、耐用年数、治療期間など) 1 本の料金目安(税別)
保険診療
硬質レジン前装冠
(中身は金属、金銀パラジウム合金)で、外から見える部分にレジンを貼り付けた差し歯)
当初は見た目がよい
中身が金属なので、強度は強い
裏側が金属のため、審美性に欠ける
時間がたつと金属がさびて溶け出し、歯や歯ぐきの変色、金属アレルギーの可能性がある
前歯・犬歯のみ公的医療保険適用
治療は短期間で終了(通院2 回程度)
7年程度で何らかのトラブルが起こることが多い
時間がたつと変色する
5,000円

8,000円
程度
金属冠
(いわゆる銀歯、金銀パラジウム合金)
前から4 番目以降の歯に公的医療保険の適用がある素材でかぶせ物を作る場合に用いられる
時間がたつと金属がさびて溶け出し、歯や歯ぐきの変色、金属アレルギーの可能性がある
治療は短期間で終了(通院2 回程度)
2~5 年で材料そのものに劣化が生じる可能性がある
×
審美性には欠ける
3,000円

5,000円
程度
自由診療
オールセラミッククラウン
(陶器)
見た目が自然で変色はほとんどなし
汚れがつきにくい
割れやすい
本来の歯よりも硬いため、周囲の歯やかみ合う歯を傷める可能性がある
治療は短期間で終了(通院2 回程度)
150,000円

200,000円
ハイブリッドセラミック
(セラミックとレジンの混合素材)
硬すぎず、かみ合う歯を傷めない
治療期間は通院2回程度
セラミックよりも審美的にはやや劣り、年数がたつと変色する
120,000円
メタルボンド
(中身は金属で外から見える部分にセラミックを貼り付けたもの)
中身が金属なので強度が強く、かみ合わせで強い力がかかる部分にも使うことができる
使用する金属を貴金属にすれば、さびにくいので、溶け出しての変色やアレルギーが比較的出にくい
見た目が比較的よい
150,000 円

※自由診療の料金目安は、デンタルクリニックアレーズ銀座の例

歯科を探そう!

自宅や職場の近く、通勤途中の駅などで、通いやすい歯科を探してみましょう。

iタウンページで歯科を探す

×
検索履歴(場所):

病院検索では、全ての診療科目一覧から探すことができます。

NTT東日本関東病院 人間ドックキャンペーン

セルフメディケーション税制とは


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります