ページ内を移動するためのリンクです

歯科治療の選択肢と費用 - 保険診療と自由診療の領域 歯と健康 医療特集- メディカルiタウン


ここから本文です

医療特集

歯科治療の選択肢と費用 - 保険診療と自由診療の領域

歯科治療の特徴として、「保険診療」と「自由診療」を併用できることが挙げられます。「自由診療」の場合、歯科医院ごとに自由に治療費が決められていますが、「保険診療」にはない予防的な処置など、治療の選択の幅が広がります。ここでは、「保険診療」と「自由診療」の特徴について、詳しく解説していきます。

自由診療とは?

私たちが、通常医療機関で受けている検査や治療は「保険診療」といわれるものです。公的な医療保険で認められており(以後、「保険」とはすべて公的医療保険のことをいいます。民間の医療保険は含みません)、個々の検査や治療ごとに決まった診療点数が設けられていて、どの医療機関にかかっても一律の金額です。

一方、保険診療として認められていない検査や治療を「自由診療(自費診療)」といいます。これは、それぞれの医療機関が定めた費用の全額を、自分で支払って受ける診療です。

保険診療と自由診療の併用が認められている歯科治療

歯科治療は、詰め物やかぶせ物に使用する材料の種類が多く、また加工技術も材料ごとに多岐にわたるため、幅広い選択肢があることが特徴です。そしてまた歯科治療では、「保険診療」と「自由診療」を併用できることが特徴です。

一般に医療機関にかかる場合、原則として、保険診療と自由診療の併用は認められていません。つまり、一部でも保険適用外の検査や治療を行ったり、薬や材料などを使ったりすれば、一連の診療はすべて自由診療の扱いとなり、全額が患者さんの自己負担となります。ただし、一部の材料や治療については、「保険外併用療養費」という制度の中の「選定療養」に当てはまる場合があり、その場合には、保険診療と自由診療を併用することができます。選定療養とは、患者さんが料金負担することで受けられる追加の医療サービスといったもので、特別な病室に入院した場合(いわゆる差額ベッド代)などもこれにあたります。

歯科診療の領域では、金属材料の使用(金属床総義歯、金合金等)や子どもの虫歯の治療後の再発予防のための管理などが、選定療養として認められています。

自由診療を視野にいれ、自分にあった治療を見つけましょう

近年歯の治療は、単に悪いところを削って治すことにとどまらず、見た目の美しさや全身の健康とのかかわりなど、審美性や生活の質などを十分に考えた治療へと変わってきています。また虫歯や歯周病の治療においては、悪くなってしまったところを「治す」ことより、口腔環境の整備や歯列の矯正など、細菌の繁殖や感染を「防ぐ」ことが重要であることがわかってきています。

しかし、保険診療は「病気を治す」ということに重きが置かれているため、予防的な処置や治療後の見た目に配慮した処置は、その適用が認められにくいのが実情です。口腔ケアや歯列矯正が歯の健康にはとても有用な処置として認められているにもかかわらず、保険適用外となってしまう場合もあります。保険診療にこだわると、治療の選択の幅が限られる面も出てきてしまいます。

歯科治療の選択肢として自由診療を視野に入れると、より高度な技術や最新の材料を用いることにより、「見た目の自然さが保たれる」「適切なかみ合わせを調整しやすい」「強度にすぐれている」「再治療を極力抑えることができる」など、総合的かつ長期的な視野で治療法を検討することができます。歯の治療を受けるにあたって自由診療に含まれる治療の内容を知っておくことは、より自分にふさわしい治療法を見つけるのに役立つといえます。

保険診療と自由診療の治療範囲

歯科治療における保険診療と自由診療の範囲は、以下のように区別できます。

表1 保険診療と自由診療の範囲
保険診療 自由診療
治療 歯を削る
歯石の除去
神経の除去
抜歯
インレー(詰め物)
クラウン(かぶせ物)
:プラスチック、銀歯(金銀パラジウム合金)などを使う場合
インレー(詰め物)
クラウン(かぶせ物)
:セラミック、金歯などを使う場合
ブリッジ ブリッジ
:高機能材料、高い技術などを使う場合
入れ歯 入れ歯
:高機能材料、高い技術などを使う場合
(例)金属床義歯、磁性アタッチメント義歯、インプラントなど
矯正 歯列矯正
予防 口腔清掃指導
:患者さんの口腔内状況により保険診療
口腔清掃指導
:患者さんの口腔内状況により自由診療
フッ素塗布
審美 クリーニング
ホワイトニング
その他 歯科人間ドック

歯科を探そう!

自宅や職場の近く、通勤途中の駅などで、通いやすい歯科を探してみましょう。

iタウンページで歯科を探す

×
検索履歴(場所):

病院検索では、全ての診療科目一覧から探すことができます。

医学セミナーのご案内

NTT東日本関東病院 人間ドックキャンペーン

セルフメディケーション税制とは


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります