ページ内を移動するためのリンクです

失った歯を取り戻す治療 - インプラントの魅力と治療例 歯と健康 医療特集- メディカルiタウン


ここから本文です

医療特集

失った歯を取り戻す治療 - インプラントの魅力と治療例

「入れ歯になってから食事がおいしくない」「徐々に歯がなくなってきて心配」「歯科医院で、なくなった歯を補うために両隣の歯を削るといわれた」等々でお悩みの方は、インプラント治療がお勧めです。

一方で、インプラントは、正しい治療方法で行えば、すばらしい治療法ですが、間違った治療を行うと、やり返しがききません。ここでは、インプラント治療の正しい知識をご紹介します。

インプラント治療の魅力とは

最近、審美性や咀嚼能力といった機能性にすぐれた技術として、注目されているのがインプラントです。インプラントは、歯が抜けてしまったところの骨に、ネジのような形状をしたフィクスチャー (歯を支える顎の骨に埋め込まれる部分)を埋め込み、そのネジを土台にしてアバットメント(人工歯を被せる連結部分)と人工の歯(上部構造)を装着する治療法です。歯が抜けたりしてなくなってしまった場合に、見た目だけではなく“かむ”ことにおいてもまるで自分の歯が復活したかのようになるのがインプラント治療の特徴です。いろいろな材質や形状に工夫がほどこされていても、部分入れ歯や総入れ歯に伴う違和感を完全になくすことはできませんが、インプラントの場合、その違和感を最低限にとどめることができます。抜けた歯の両隣の歯を削り、橋渡しをするように人工の歯を入れるブリッジとは異なり、歯を削ることなく治療できるのもインプラント治療の魅力です。

また近年は、ただかめるようになるだけではなく、歯列の美しい、審美性のあるインプラント治療について、どのような処置が適正なのかも解明されつつあり、患者さんからの期待に応えられるようになってきました。ただし、インプラントは決して魔法の治療方法ではなく、より安全に、より確実に行う方法が求められているのです。

インプラント治療例

インプラント治療例をご紹介します。

図1 インプラント治療前図1 インプラント治療前
図2 インプラント治療後図2 インプラント治療後

フィクスチャーとアバットメント

歯の磨けていない部分図3 フィクスチャーとアバットメント
画像提供:株式会社ストローマン

インプラントの被せ物(人工歯)の内部は、フィクスチャー(歯を支える顎の骨に埋め込まれる部分)と、アバットメント(人工歯を被せる部分)に分かれます。

ネジのような部分の、下部がフィクスチャー、上部がアバットメントです。【A】はチタンアバットメント、【B】はジルコニア(人工ダイヤモンド)アバットメントで、フィクスチャーの材質はいずれも同じものです

インプラント体埋め込みの注意点

インプラント治療後に問題が生じる場合の多くは、かみ合わせの力が集中する、フィクスチャーとアバットメントの接合部と、細菌が停滞しやすい部分であることが分かっています。これらの問題を防ぐため、かみ合わせの力に対してできる限り、垂直圧のかかる方向を目指してインプラント体(※)を埋め込みます。

※インプラント体とは、フィクスチャー、アバットメント、人工歯の総称をいいます。

「保険診療」のインレー
図5 埋め込まれたインプラント体

青い線がかみ合わせの平面。かみ合わせの平面に対して、垂直方向にインプラント体を埋め込みます。

インプラントのメンテナンスについて

インプラントは、アバットメントをはずして定期的にクリーニングすれば長持ちさせることができます。

歯の磨けていない部分

歯の磨けていない部分

図6 前歯(2本)のインプラントと、アバットメントを外した状態

インプラントも天然の歯と同様に、ホームケアとプロフェッショナルケアを行うことが大事です。ホームケアの方法は、歯科衛生士が指導します。

定期的なメンテナンスは面倒である、と言われる方が多くいらっしゃいます。しかしながら、実は天然の歯も、定期的に歯科衛生士によるクリーニングとメンテナンスによって長持ちさせることを考えると、インプラントも通常の歯と同様に考えて良いのです。ただし、天然の歯よりも炎症が起きたときに対する治療が難しいというリスクがあることも、知っておいた方が良いでしょう。

歯科を探そう!

自宅や職場の近く、通勤途中の駅などで、通いやすい歯科を探してみましょう。

iタウンページで歯科を探す

×
検索履歴(場所):

病院検索では、全ての診療科目一覧から探すことができます。


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります