ページ内を移動するためのリンクです

大人のアトピー性皮膚炎について - 治療・寛解後のケア 病気を知ろう 医療特集 - メディカルiタウン


ここから本文です

医療特集

大人のアトピー性皮膚炎について - 治療・寛解後のケア

アトピー性皮膚炎の治療と寛解後のケアについて伺いました。

NTT東日本関東病院 皮膚科 部長 五十嵐 敦之

お話を伺った先生:

薬物療法

アトピー性皮膚炎の治療は「薬物療法」「スキンケア」「原因・悪化因子の除去」が3本柱となります。皮膚の炎症は “火事”のようなものなので、薬物療法では、まずその“火消し”を行うために外用薬(塗り薬)を用います。

外用薬

ステロイド薬

症状が強いときに最も効果的なのは、ステロイド(副腎皮質ホルモン)の外用薬です。1990年代にマスコミによるステロイドバッシングがあり、その副作用が過剰に強調されました。このため、現代でも多くの方に“怖い薬”だと考えられています。実際に不適切に長期に渡って使用していると皮膚が薄くなる副作用があったり、顔面に塗った際に、赤みやほてりといった症状の「酒さ様皮膚炎(しゅさようひふえん)」が現れたりすることもあります。しかし、適切に使えばむやみに怖がる必要はありません。

また、ステロイド内服薬の場合は、骨がもろくなったり、太ったり、高血圧や糖尿病になったりするといった副作用が起こることがありますが、外用薬ではそのようなことはないにもかかわらず、誤解されている面もあります。

ステロイド外用薬は、その成分や強度に応じて細かいランクがあるので、医師の指示のもとに使うことが重要です。注意すべきなのは、重症化して皮膚が厚くなってしまった場合には弱いステロイド薬では効かないということです。医師の側にも問題があり、弱いステロイド薬を処方したために(薬がよく効かずに)症状が悪化してしまい、それがステロイドの副作用と誤解されてしまうこともあります。ステロイド薬は適切な強さのものを使い、漫然と使い続けることなく、症状が落ち着いたら徐々に弱いものにしたり減らしたりするなど、適切に調節していくことが重要なのです。

ステロイド外用薬に関しては、残念ながらその使用法に習熟しておらず、恐る恐る使っている医師もいます。そういう不安が伝わってしまって、患者さんが心配されるということもあるでしょう。自信を持ってステロイドを使ってくれるかどうかは、習熟した医師かどうかを見極めるポイントだと思います。

免疫抑制薬

免疫抑制薬の外用薬でタクロリムス(プロトピック®)という薬もあります。使い始めは、ほてったりピリッと痛みを感じたりすることがありますが、特に顔面や首ではステロイド薬より効くことが多く、皮膚が薄くなったり、酒さ様皮膚炎を起こしたりするようなこともありません。

免疫を抑えてしまうので、皮膚がんなどが誘発されるのではないかという懸念もあるようですが、1999年に発売されて以後、そのような事例は報告されていません。

プロトピックは分子量がある程度大きい薬なので、炎症を起こしているバリア機能の落ちた皮膚からは吸収されますが、皮疹が治ってバリア機能が回復してくると吸収されなくなります。正常な皮膚からは吸収されず、薬が必要な場所だけに効いてくれるので、皮膚のメンテナンスのために用いることができます。

最近は症状の出る前からの予防的な治療として、プロトピックを用いたプロアクティブ治療が注目されています。状態が良いと、薬を使わないでも寛解が維持できるようになります。これに対し、症状が出たときに治療するのはリアクティブ治療と呼ばれます。

現在の外用薬にはそれぞれ使いにくい面もありますが、異なるメカニズムの薬の開発も進められています。

OTC医薬品の痒み止め

外用のステロイド薬もプロトピックも炎症を抑える薬なので痒みにも有効ですが、痒みが治まるまでには少し時間がかかるかもしれません。

痒くてたまらないときには、OTC医薬品の痒み止めでメントールの成分が入っているものであれば、その刺激で爽快感が得られ、痒みの感覚を和らげてくれることがあります。ただし、刺激が強くて悪化することもあるので、そのような場合は使用を中止してください。メントールの刺激は、ひんやりとした感覚が特徴です。そこで冷覚を刺激するために、冷たいおしぼりや保冷剤を当てて冷やすことも有効で、皮膚温を下げる効果もあります。

内服薬

抗ヒスタミン薬

内服薬は、外用薬の補助療法という位置付けで、痒みを抑える効果を期待するものです。日本皮膚科学会の「アトピー性皮膚炎診療ガイドライン」では、眠くならない非鎮静性の抗ヒスタミン薬を使うことを推奨しています。抗ヒスタミン薬で効果があるのは6割ぐらいですが、効果のある人は痒みも和らぐようです。

アトピー性皮膚炎の患者さんは、アレルギー性鼻炎など他のアレルギー疾患や病気を合併している人が多いのですが、抗ヒスタミン薬にはそれらの症状を抑える効果もあります。

免疫抑制薬

飲み薬には、シクロスポリン(サンディミュン®・ネオーラル®)という薬もあります。これは、外用薬のプロトピックと同じメカニズムの薬ですが、痒みを割と早く止められることが知られています。ただし、血圧が高くなったり腎機能に影響を与えたりするような副作用が出ることがあるので、注意しながら使う必要があります。

シクロスポリンはこうした副作用があるため少し使いにくい面があるのですが、2017年には、免疫反応に関わる分子に直接働きかける抗体医薬という強力な薬が登場する予定です。とても高価な薬になるので、既存の治療では不十分な中等症以上の人が保険適用になるものと見込まれています。

漢方薬

アトピー性皮膚炎の治療に、漢方薬を用いることがあります。ステロイドなどの外用薬による治療で皮疹が軽快しない場合に「消風散(しょうふうさん)」、疲れやすい、体がだるい、根気が続かない、という場合には「補中益気湯(ほちゅうえっきとう)」を用いることがあります。漢方薬は速効性があるものではなく、ステロイド薬などを併用しながらその量を減らし、最終的にステロイド薬が不要になることを目指すものです。

紫外線療法

ナローバンドUVBという中波の紫外線を照射する治療法です。紫外線には、体の免疫機能をある程度抑制する働きがあることが知られており、アトピー性皮膚炎をもたらす過剰な免疫の反応を抑える効果があり、健康保険の適用になっています。

大きな病院の皮膚科であれば、照射装置を持っていることが多いと思いますが、最近では皮膚科専門の医院にも広く普及しています。

スキンケア

保湿剤の使用

薬を適切に使うことと並んで大切なことが、日常生活における皮膚のバリア機能の確保です。一般にアトピー性皮膚炎の人は、ドライスキン(乾燥肌)であるためにバリア機能が落ちやすく、顔にも顔以外の皮膚にも保湿剤を使用することがすすめられます。特に顔に使う場合は使用感も大切なので、市販の保湿剤やスキンケア用品を使っても構いません。市販品では成分などが心配だという患者さんの場合、医師が処方する医療用の保湿剤もあります。

汗は早めに洗い流す

汗は、アトピー性皮膚炎の悪化因子の1つだとされます。汗をかいたままにしておくと、汗ばんだ皮膚にはホコリなどがつきやすくなり、また汗の成分が皮膚を刺激して痒みが出ることがあります。アトピー性皮膚炎の患者さんは、発汗機能が落ちていることでドライスキンになっている場合が多いため、発汗すること自体はむしろ推奨されます。汗をかいた後はなるべく早めにシャワーを浴びるといったことを心がけてください。

ただし、肌を必要以上に頻繁に洗ったり、ブラシやナイロンタワシのようなものでこすり過ぎたりすると、もともと保湿のために肌に備わっているセラミド、皮脂、NMF(Natural Moisturizing Factor:天然保湿因子)といったアミノ酸などが失われてしまいます。洗い過ぎは禁物で、ほどよく清潔にすることが大切です。

スキンケアは継続する

アトピー性皮膚炎は、いったん症状が治まっても何かのきっかけで増悪を繰り返すことがあるので、外用薬は減薬あるいは休薬できたとしてもスキンケアをやめてはいけません。保湿剤を使用し、皮膚のバリア機能を保つようにしてください。

原因・悪化因子の除去

生活環境を見直す

原因で述べたように、アトピー性皮膚炎には衣食住といった環境素因が関わってきます。

治療をしていても症状が治まらない人が、旅行に行っている間は皮疹が軽くなったりするなど、生活環境の変化によって症状が変動する場合には、生活環境の見直しが必要です。換気、寝室や居間の掃除、寝具の掃除機かけや天日干し、ダニ対策などを徹底的に行うことが有効な場合があります。

生活習慣の改善

アトピー性皮膚炎の患者さんは、良くない生活習慣を見直す必要もあります。

飲酒すると血行が良くなり、皮膚温が上がることから、痒みが出やすくなります。飲酒をして痒くなることは、患者さんご自身が一番分かっていると思いますので、程よい量や飲まない日を決めることも必要でしょう。

ストレスの改善

症状が増悪すると、炎症の広がりや痒みに耐え切れなくなって、入院治療が必要になる場合があります。入院すると規則正しい生活になり、忘れずに薬を塗れることで改善する場合がありますが、心理的な効果もあってか、外来と治療内容が全く変わらないのに入院すると良くなるケースもみられます。

増悪の要因には、睡眠不足やストレスなどもあります。心療内科等でメンタル面の治療をすると、皮膚の症状が治まってくる場合もあります。

いわゆる民間療法について

世の中には“アトピービジネス”と言われるような、いわゆる民間療法も多くあります。効果の根拠があるものは、ほとんどないと言えるでしょう。

アトピー性皮膚炎は、適切な治療をすれば健康保険の範囲内で治せる病気です。補助的に自分に合った民間療法を受けることは止めませんが、あまりお金がかかるようなものは注意してください。

合併症

目の周囲にステロイド外用薬を使用すると、眼圧が上がり、副作用として白内障と緑内障に罹りやすくなることが知られています。また、無意識のうちに目の周囲の皮疹をかいたり、目をこすったりすることで眼球が圧迫されて、水晶体や網膜に障害が起こり、白内障や網膜剥離(もうまくはくり:網膜が眼底からはがれる)、網膜裂孔(もうまくれっこう:網膜が裂けたり穴があいたりする)になる危険性もあるので注意が必要です。

アトピー性皮膚炎と白内障、網膜剥離や網膜裂孔を合併している場合は、目の痒みの症状を早くとることが重要です。眼科で診察してもらい、プロトピックを使うのに問題がないのであれば使用するとよいでしょう。

寛解後のケア

残念ながら、今のところアトピー性皮膚炎には根本的な治療法は存在しません。しかし、薬の力で免疫反応や炎症反応をコントロールして、症状が出なくなる寛解という状態に持ち込むことはできます。広い意味では対症療法ということになりますが、症状を抑えているだけでなく、治すことができる病気なのです。

寛解になったら、とにかく再発・再燃させないことが第一です。きちんと症状を抑えて、皮膚の良いコンディションを保っておくと、だんだん皮膚が安定し、バリア機能もしっかり保てるようになります。まずはステロイドを使わなくても大丈夫になり、やがてメンテナンスとして保湿剤だけを使えばよいようになります。さらに良くなってくると保湿剤の使用量も減ってきますので、気がつくと何もしないでも大丈夫になっているという場合もあります。

バリア機能の落ちた皮膚は、ちょっとした刺激ですぐ皮疹になります。薬物治療やスキンケアで良い状態が維持できると、刺激に対する閾値が上がり、過去に皮疹になったのと同じような状況でも皮疹が起こらなくなります。これは、皮膚が丈夫になったとも言えるのです。

アトピー性皮膚炎は、子ども時代の初期のうちから徹底的に治療して引きずらないことが何より重要です。大人のアトピー性皮膚炎でも同様に、寛解を維持していれば、だんだん皮疹になりにくい皮膚になり、気がついたら普通の人と同じように生活していて大丈夫になっていきます。あきらめず、前向きに治療に取り組んでみてください。

  • 1
  • 2
五十嵐 敦之先生の詳細プロフィール
NTT東日本関東病院 皮膚科 部長 五十嵐 敦之

NTT東日本関東病院 皮膚科 部長

取得専門医・認定医

  • 日本皮膚科学会専門医

セルフメディケーション税制とは


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります