ページ内を移動するためのリンクです

のどがおかしい 病気事典[家庭の医学]- メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

のどがおかしい

のどに起こる異常

のどに起こる症状は、痛み、嚥下(えんげ)障害(食べ物がのみ込みにくい)、声がかれるなどです。嚥下障害は、脳血管や神経、筋肉、食道などの病気の重要なサインでもあります。

のどに起こる異常から考えられる主な病気

主な症状と、付随する症状から、疑われる病気を調べることができます。
病気名を選択すると、その病気の解説へ遷移します。

症状 疑われる病気名
のどの痛み、嚥下痛 発熱 急性咽頭炎咽後膿瘍急性扁桃炎習慣性扁桃炎扁桃周囲膿瘍
呼吸困難、喘鳴、窒息 急性喉頭蓋炎
頸部リンパ節のはれ 難聴 扁桃悪性リンパ腫
声がれ 中・下咽頭がん
嚥下障害 胸焼け、のどの違和感、胸痛、吐き気 逆流性食道炎食道裂孔ヘルニア
胸骨部の痛み、嘔吐 食道モリニア症
体重減少、胸痛・背部痛、声がれ 食道がん
いびき 扁桃肥大
意識障害、片麻痺、感覚・言語障害、複視 脳梗塞
四肢の筋力低下、複視、不整脈 ギラン・バレー症候群
視力低下、しびれ感、感覚低下、手足の脱力 多発性硬化症
声がれ 咳、のどの異物感 急性喉頭炎慢性喉頭炎
嚥下困難、血痰 喉頭がん
喘鳴 声が出なくなる、呼吸困難 喉頭乳頭腫
発熱、犬の吠え声のような咳 急性声門下喉頭炎
のどの違和感、発声時の違和感 声帯ポリープ声帯結節
声が鼻にもれる、肩が痛い、嚥下困難 反回神経麻痺
[ご利用上の注意]
一般的な医学知識の情報を提供するもので、皆様の症状に関する個別の診断を行うものではありません。気になる症状のある方は、医療機関にご相談ください。

のどに起こる異常

のどに感じる痛みの多くは、咽頭(いんとう)や扁桃(へんとう)に細菌やウイルスが感染して炎症を起こしている時現れます。急性咽頭炎や急性扁桃炎などの主要な症状のひとつで、かぜの場合ものどに炎症を起こしやすく、時に痛みを感じることがあります。

嚥下障害に注意

嚥下とは、食べ物をのみ込むこと。この嚥下に障害があると、食べ物がのみ込みにくくなる(嚥下困難)、のみ込む時にむせる(誤嚥(ごえん))などの症状が出ます。

嚥下障害を起こす病気はいろいろありますが、なかでも脳梗塞などの脳血管障害、ギラン・バレー症候群、多発性硬化症などの神経・筋肉の病気、食道がんなどの食道の病気でよく現れます。

声がれに注意

声がそれまでと違って、かれたり、しゃがれたりすることを嗄声(させい)といいます。生まれつきかれている人はまずいないので、嗄声になってきたら何らかの病気が疑われます。多くはのど(声帯)の病気で起こり、喉頭がんでは嗄声が早期発見の重要な手がかりです。嗄声に気づいたら、まず耳鼻咽喉科を訪れてください。

執筆者:

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります

×