ページ内を移動するためのリンクです

尿・排尿がおかしい<子ども> 病気事典[家庭の医学]- メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

尿・排尿がおかしい<子ども>

子どもの症状

子どもの体は、大人の体をただ小さくしたものではありません。同じ病気にかかっても、大人の場合がそのまま子どもにあてはまるわけではありません。病気から体を守る免疫力も大人のように十分に備わっていませんし、病気のはじまりも急で、経過も早いことが多いのです。加えて、子どもの月齢や年齢によって特有のいろいろな病気のあることも、十分に知っておく必要があります。ここでは、子どもによく起こる主な症状と病気についてみていきましょう。

尿・排尿から考えられる主な病気

主な症状と、付随する症状から、疑われる病気を調べることができます。
病気名を選択すると、その病気の解説へ遷移します。

症状 疑われる病気名
血尿 蛋白尿 高血圧、顔のむくみ   急性糸球体腎炎症候群
手足の紫斑、腹痛、関節痛 紫斑病性腎炎
多くは3歳時検診や学校検尿で発見される 慢性腎臓病
排尿痛、頻尿、残尿感、微熱 出血性膀胱炎
側腹部痛、下腹部痛 尿路結石症
腹部のしこり・はれ、腹痛、体重減少、発熱 ウイルムス腫瘍
尿が黄色い、尿がにおう、頻尿、排尿痛、発熱、嘔吐、下痢 細菌性尿路感染症
高度の蛋白尿、低蛋白血症、高脂血症、むくみ ネフローゼ症候群
多飲、多尿 成長障害、発熱 尿崩症
急激にやせる、トイレが近くなる、夜尿が増える、全身倦怠感 糖尿病
[ご利用上の注意]
一般的な医学知識の情報を提供するもので、皆様の症状に関する個別の診断を行うものではありません。気になる症状のある方は、医療機関にご相談ください。

尿・排尿の異常

尿の性状では、とくに血尿に気を配ります。

目で見てわかる血尿を「肉眼的血尿」、目には見えないものを「顕微鏡的血尿」といいますが、急性糸球体腎炎症候群では突然尿量が減って、コーラ色~褐色調の肉眼的血尿になり、顔がむくんだりします。学童期の子どもに目立ち、3歳以下の乳幼児には少ないとされています。

顕微鏡的血尿や蛋白尿は見ためではまずわかりませんが、出ていれば3歳検診や学校検尿などで指摘されるでしょうから、その時は必ず精密検査を受けてください。腎臓や泌尿器系の病気を疑いますが、これらが出ているからといって病気ではないことも少なくないからです。

執筆者:

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります