ページ内を移動するためのリンクです

ホルモンの検査 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

ほるもんのけんさ

ホルモンの検査

ホルモンの検査について解説します。

執筆者:

 医療機関で受ける血液一般検査をまとめました。基準値は、医療機関によって若干、異なることがあります。

検査項目と基準値一覧

検査項目 基準値 疑われる主な病気など
甲状腺ホルモン T4 :4〜12μg/dL
T3 :0.7〜2.1ng/dL
FT4 :0.9〜1.9ng/dL
FT3 :2.5〜4.5pg/mL
TSH:0.3〜3.7μU/mL
T4 ・T3 が高値 →甲状腺機能亢進症(バセドウ病、プランマー病など)、亜急性甲状腺炎、TSH産生腫瘍
T4 ・T 3 が低値 →甲状腺機能低下症(粘液水腫、クレチン病、橋本病など)
副甲状腺ホルモン 9〜39pg/mL 高値 →原発性副甲状腺機能亢進症、腎不全、ビタミンD欠乏症
低値 →ビタミンD中毒症、がんに伴う高カルシウム血症、副甲状腺機能低下症、甲状腺機能亢進症
インスリン 8〜11μU/mL 高値 →肝疾患、肥満、インスリン自己免疫疾患、クッシング症候群、インスリノーマ、インスリンレセプターの異常
低値 →(1型)糖尿病、飢餓、副腎不全、下垂体機能低下症
コルチゾール 2.5〜15.5μg/dL 高値 →クッシング症候群、下垂体腺腫、異所性ACTH産生腫瘍、妊娠末期、ストレス、腎不全
低値 →アジソン病、下垂体機能低下症、副腎クリーゼ
カテコールアミン <血中>
アドレナリン:0.12ng/mL 以下
ノルアドレナリン:0.05〜0.40ng/mL
ドーパミン :0.20ng/mL 以下
<尿中>
アドレナリン:15μg/日以下
ノルアドレナリン:10〜150μg/日
ドーパミン :100〜700μg/日
高値 →褐色細胞腫、本態性高血圧
低値 →特発性起立性低血圧
レニン
(レニン–アンギオテンシン–アルドステロン系)
0.5〜3.0ng/mL /時
(早朝安静空腹臥位)
高値
・ アルドステロンが低値 →アジソン病、21–水酸化酵素欠損症
・ アルドステロンが高値 →腎血管性高血圧、レニン産生腫瘍、悪性高血圧、褐色細胞腫、甲状腺機能亢進症、うっ血性心不全、肝硬変
低値
・ アルドステロンが低値 →循環血漿量の増大、甲状腺機能低下症
・ アルドステロンが高値 →原発性アルドステロン症、原発性副腎過形成
エストロゲン
(女性ホルモン)
<尿中排泄量>
男性:2〜20μg/日
女性
卵胞期:3〜20μg/日
排卵期:10〜60μg/日
黄体期:8〜50μg/日
閉経期:10μg/日以下
高値 →エストロゲン産生腫瘍、先天性副腎酵素欠損症
低値 →卵巣機能不全、黄体機能不全
プロゲステロン
(女性ホルモン)
男性:0.4ng/mL 以下
女性
卵胞期:0.1〜1.5ng/mL
黄体期:2.5〜28.0ng/mL
黄体中期:5.7〜28.0ng/mL
閉経期:0.2ng/mL 以下
高値 →排卵誘発剤使用
低値 →卵巣機能不全、黄体機能不全
テストステロン
(男性ホルモン)
男性:2.5〜10.5ng/mL
女性:0.9ng/mL 以下
<男性>
高値 →レイディッヒ細胞腫瘍、性早熟症
低値 →先天性無精子症、クラインフェルター症候群、停留睾丸
<女性>
高値 →男性化卵巣腫瘍、多嚢胞性卵巣症候群、男性化副腎腫瘍、特発性多毛症
低値 →間脳下垂体機能低下症、LH単独欠損症

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで医療機関を探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

防災タウンページ


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります