ページ内を移動するためのリンクです

血液生化学検査(電解質) 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

けつえきせいかがくけんさ(でんかいしつ)

血液生化学検査(電解質)

血液生化学検査(電解質)について解説します。

執筆者:

 医療機関で受ける血液一般検査をまとめました。基準値は、医療機関によって若干、異なることがあります。

検査項目と基準値一覧

検査項目 基準値 疑われる主な病気など
ナトリウム
(Na)
135〜145mEq/L
(イオン電極法)
高値 →発汗過多、熱傷、高度の下痢、尿崩症、食塩過剰摂取
低値 →腎不全、ネフローゼ症候群、うっ血性心不全、肝硬変、利尿薬の過剰内服、嘔吐、下痢
カリウム
(K)
3.5〜5.0mEq/L
(イオン電極法)
高値 →腎臓での排泄低下(腎不全、アジソン病など)、過剰摂取(食事、輸血、輸液、薬剤など)、細胞内からの移動(インスリン欠乏、降圧薬・ジギタリス薬の影響、アシドーシスなど)、その他(溶血、白血球増多、血小板増多など)
低値 →喪失(嘔吐、下痢、吸収不良症候群、利尿薬の影響、クッシング症候群など)、摂取不足(絶食、食欲低下など)
カルシウム
(Ca)
8.6〜11.0mg/dL
(OCPC法)
高値 →副甲状腺機能亢進症、悪性腫瘍(食道・卵巣・乳・胃など副甲状腺刺激ホルモン産生腫瘍)、骨へのがん転移、多発性骨髄腫、ビタミンD過剰
低値 →副甲状腺機能低下症、ビタミンD欠乏症、くる病、慢性腎不全、栄養障害
マグネシウム
(Mg)
1.2〜4.8mg/dL 高値 →各種腎疾患、脱水、ケトアシドーシス、アジソン病、ビタミンDやリチウム投与
低値 →小腸切除手術後、慢性下痢、アルコール依存、各種薬物(ゲンタマイシン、カルベニシリン、アンホテリシンB、シスプラチン、シクロスポリンなど)
無機リン
(iP)
成人:2.5〜4.5mg/dL
小児:4.0〜7.0mg/dL
高値 →副甲状腺機能低下症、腎不全、甲状腺機能亢進症、横紋筋融解症、ビタミンD中毒
低値 →副甲状腺機能亢進症、くる病・骨軟化症、ファンコニー症候群、水酸化アルミニウムを含有する制酸薬(アルミゲル、アルサミン)、全身倦怠・脱力感

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで医療機関を探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

防災タウンページ


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります