ページ内を移動するためのリンクです

検査の目的 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

けんさのもくてき

検査の目的

検査の目的について解説します。

執筆者:

病気の検索

医療機関で行われる検査の目的は、ひと言でいえば病気の有無の判定とその検索です。

私たちが訴える体のさまざまな症状を医師は詳しく聞き取り、また、過去の病歴や家族の健康状態なども参考にして、現在の状態がいかにあるのか、どのような病気が考えられるのか、だいたいの判断をつけます。

軽いかぜのような症状なら、問診(もんしん)(医療面接)と身体診察くらいで見当がつき、あとは薬の処方、生活上の注意などで診療は終わります。「しばらく経過をみて、何か変化があればまた受診してください」といわれます。

それでも、何か気になることがあれば、念のため血液や尿をとったりして、ごく一般的な項目について検査が行われるでしょう。

「とりあえず調べてみましょう」というレベルから、病院の検査は始まります。緊急時を除き、通常は私たちの肉体的な負担が少ない検査から行われます。

また、訴える症状から、すぐに手を打たなければならない病気が考えられるとしたら、この段階から目的を絞り込んだ検査(精密検査)が準備されます。「念のため」の検査で気になる結果が出たとしても、やはり絞り込んだ検査が必要です。

病院で受ける検査は、どれも単独ではなく、病気の診断のための次の検査を念頭に置きながら、一連の流れが用意されています。

診断の確定

検査によって病気の検索をしたのち、病気が確定されます。別の病気との見分け(鑑別)がなされ、たいていは同時に治療方法・方針が決まり、本格的な治療が開始されます。

ときには病気の確定が難しく、いろいろな検査を繰り返し行い、とりあえずの診断をして治療を進めながら、さらに検査をして、やっと病気が何であるかわかるというケースもあります。

経過の観察

種々の検査の結果、気になることがある時は、注意をしながら様子をみていくという経過観察もよくあります。

その場合、一定の期間、間をあけてから再び検査をするという方針がたてられます。

治療効果の判定

本格的な治療が始まってからも、検査は極めて重要なデータを提供します。治療がうまく効果を発揮しているかどうか、別の方法を考えるべきか、別の病気が合併することはないかなど、検査をしながら治療の効果を判定していきます。

また、治療によって病気が治ったあとの再発を発見するためにも、検査が行われます。

検査結果は、そのときの体調を確認すると同時に、今後の変化の可能性を示すものでもあります。ともすると「検査づけ」などという印象を受ける場合もあるかもしれませんが、それぞれの検査の目的、意義について、わからない点は医師に質問し、納得したうえで検査を受けていくことが大切です。

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで医療機関を探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります