ページ内を移動するためのリンクです

熱傷の深度 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

ねっしょうのしんど

熱傷の深度

熱傷の深度について解説します。

執筆者:

熱傷の深度の解説(コラム)

 熱傷の深度による分類は受傷原因によるものではなく、皮膚組織の傷害の深さによるものです。図57表6に示すように、自発痛の有無、皮膚の色調、水疱(すいほう)の有無などの皮膚の傷害の程度から、I度、II度、III度に分類されます。

 I度の熱傷は、主に皮膚の表層の傷害で、赤くなって強く痛み、表皮熱傷ともいわれます。皮膚の赤みは血管が拡張し、血液が集まった状態を反映しています。日焼け程度のごく浅いもので、治療の対象にはなりません。

 II度の熱傷は、表層より深い真皮層まで傷害されていて、血管壁が傷つけられて血管から体液が喪失して水疱ができます。真皮熱傷ともいわれ、真皮の浅い層の傷害である浅達性(せんたつせい)II度熱傷(IIs)と、それより深い深達性(しんたつせい)II度熱傷(IId)とに区別されます。

 III度の熱傷では、さらに深くまで傷害されていて、痛みもなく水疱もできないほどに傷つけられています。全層熱傷ともいわれ、皮下組織や筋肉まで損なわれる場合もあります。

 不適切な創の管理、感染を合併することなどにより、熱傷の深度が進行して深くなる場合があるため、注意が必要です。

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで外科を探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

医学セミナーのご案内

NTT東日本関東病院 人間ドックキャンペーン

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります