ページ内を移動するためのリンクです

モンテジア骨折 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

もんてじあこっせつ

モンテジア骨折

モンテジア骨折について解説します。

執筆者:

モンテジア骨折の解説(コラム)

 尺骨(しゃっこつ)の近位3分の1の部位の骨折と橈骨頭(とうこつとう)の脱臼を伴う外傷を、モンテジア骨折といいます(図50)。小児に多く発生する外傷ですが、尺骨の骨折のみに目を奪われて、橈骨頭の脱臼が見逃されることも少なくありません。正しい側面X線を撮影しないと、橈骨頭の脱臼の判定は難しいので、注意を要します。

 尺骨は、多少の変形が生じても問題なく癒合します。一方、橈骨頭の脱臼は自然に整復されることはなく、肘関節(ちゅうかんせつ)の変形、回内外可動域制限、疼痛などが残ります。

 陳旧(ちんきゅう)(長い期間経過している)例になった場合、橈骨頭の変形が軽度で受傷後数年以内であれば、尺骨の骨切り術により橈骨頭の整復が可能です。しかし、長期間を経過して橈骨頭の変形がひどくなると、整復できずに橈骨頭の切除を行わざるをえません。

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで外科を探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります