ページ内を移動するためのリンクです

腹部コンパートメント症候群 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

ふくぶこんぱーとめんとしょうこうぐん

腹部コンパートメント症候群

腹部コンパートメント症候群について解説します。

執筆者:

腹部コンパートメント症候群の解説(コラム)

 ダメージコントロール(腹部外傷の緊急手術に際して、確実な止血処置を行う時間的余裕がない場合や止血処置が難しい場合の治療法)では、腹腔内出血の一時的止血を行ったあと、ICUで患者さんの集中治療を行います。

 この際、術後の腸管がむくみ、止血が不十分で血液がおなかのなかに大量にたまってくると腹腔内圧が上昇します。そうなると、乏尿(ぼうにょう)と低酸素血症を主症状とする腹腔内の内臓の血流障害や心肺機能の障害を来します。これを腹部コンパートメント症候群と呼びます。あまりにも腹腔内圧が上がった時は再開腹を行わざるをえません。

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで外科を探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります