ページ内を移動するためのリンクです

眼窩底骨折 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

がんかていこっせつ

眼窩底骨折

眼窩底骨折について解説します。

執筆者:

どんな外傷か

前方から鈍的(どんてき)外傷を受けた場合、眼球周囲の骨折(最も薄い眼窩底が多い)を生じ、眼球の運動障害、眼球陥没(がんきゅうかんぼつ)、複視(ふくし)(物が二重に見えること)などを生じます。

原因は何か

多くはスポーツ(とくに球技)、ケンカ、転倒や交通事故で起こります。

症状の現れ方

眼球運動障害(とくに上方に眼を動かすことができない障害が多い)に伴う複視、眼球陥没、血性の鼻汁、皮下気腫(ひかきしゅ)などですが、眼球自体の障害は比較的少ないことが多い傾向にあります。

検査と診断

単純X線、CT、MRIなどの画像診断を行います。また、ヘス赤緑試験などで眼球運動障害の程度を把握します。

治療の方法

早期に陥入組織の整復手術を行います。手術を行わずに経過を観察する場合もあります。

眼窩底骨折の初診に適した診療科目

病院検索の都道府県選択へ遷移します。

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで外科を探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

NTT東日本関東病院 人間ドックキャンペーン

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります