ページ内を移動するためのリンクです

頭蓋骨線状骨折 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

ずがいこつせんじょうこっせつ

頭蓋骨線状骨折

頭蓋骨線状骨折について解説します。

執筆者:

どんな外傷か

頭蓋骨に線状のひびが入った状態です。頭蓋骨は簡単にいえば脳を守るヘルメットの役割しかありませんので、問題はそのヘルメットにひびが入ったほどの外力が加わったことによる、脳に対する影響、すなわち頭蓋内(頭蓋骨よりも内側)の損傷の有無です。

原因は何か

骨折部位への直接の衝撃により、硬い頭蓋骨が割れて線状の骨折になります。

症状の現れ方

骨折部位に、打撲(だぼく)による疼痛、腫脹(しゅちょう)(こぶ)がみられます。

検査と診断

頭蓋骨単純X線で骨折線は黒い糸状、あるいはすじ状に認められます。X線で頭蓋骨骨折と診断された場合は、頭蓋内損傷の有無を検査する必要があるので、頭部CTを行います。

治療の方法

頭蓋内損傷を伴う場合は、それに対する治療が行われます。頭蓋内損傷を伴わなければ、骨折に対する特別の治療は必要なく、通常は自然に治ります。数カ月間は再度の頭部打撲がないように注意しますが、そのほかの日常生活にとくに制限はありません。

ただし、一般的には受傷当日は経過観察のために入院が必要です。これは、受傷直後の頭部CTで異常がなくても、まれに頭蓋内出血が遅れて現れることがあるからです。

最近の統計によると、意識障害が遅れて現れた場合でも、その83%は6時間以内とされているので、とくに問題がなければ1泊2日の入院が一般的です。高齢者や血液を固まりにくくする薬を医師から処方されている人では、さらに1~2日の経過観察入院が望ましい場合もあります。

頭蓋骨線状骨折の初診に適した診療科目

病院検索の都道府県選択へ遷移します。

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで外科を探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります