ページ内を移動するためのリンクです

先天異常の発生をどう受け止めたらよいのか 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

せんてんいじょうのはっせいをどううけとめたらよいのか

先天異常の発生をどう受け止めたらよいのか

先天異常の発生をどう受け止めたらよいのかについて解説します。

執筆者:

先天異常の発生をどう受け止めたらよいのかの解説(コラム)

 遺伝子異常や染色体異常が日常的に起こっている突然変異であることを理解すると、「どうして遺伝子異常や染色体異常が生まれたか」ではなく「どうしてそのような先天異常が流産しなかったのか」が問題だということがわかります。

 その機構はまだ十分にはわかっていません。遺伝学が扱う進化理論では突然変異に目的がないことがわかっています。しかし、突然変異に対して“甘い”流産機構がさまざまな変異をつくり出し、結果的に変貌する地球環境に適応する個体を生み出すために必要なのだと考えると納得できる面があります。ある意味では先天異常は人類が環境に適応して生き延びていくための“保険”のようなものなのかもしれません。

 また別の見方をすると、生まれてきた染色体異常をもった子どもは幾段階もの流産機構を免れて生き残った特別に運が強い子どもか、あるいは母体との相性が特別に良かった子どもなのかもしれません。キリスト教では子どもは“天からの授(さず)かり物”ではなく“神様からの預(あず)かり物”です。神様はあなた方を選んでこの子を預けたのだ、だから親として慈しんで育て、天寿を全うしたら神様にお返しするのだと教えます。

 生命の誕生や胎児の発生の神秘的な面をみると、このような宗教的な考え方も受け入れることができるような気がします。

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで内科などを探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

医学セミナーのご案内

NTT東日本関東病院 人間ドックキャンペーン

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります