ページ内を移動するためのリンクです

フェルティ症候群 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

ふぇるてぃしょうこうぐん

フェルティ症候群

フェルティ症候群について解説します。

執筆者:

フェルティ症候群の解説(コラム)

 リウマトイド因子陽性の重篤な関節リウマチのなかには、長い期間かかって高度に関節破壊が進んだあとに、白血球数が減少し、脾臓がはれ、下肢(かし)に潰瘍(かいよう)が出現し、難治性再発性細菌感染症を起こすものがあり、これをフェルティ症候群と呼びます。頻度は、全関節リウマチ患者の1%弱とされています。

 全体の約95%でリウマトイド因子が陽性、50〜100%で抗核抗体が陽性となります。約30%に末梢血液中に巨大顆粒をもった特殊なリンパ球(T‐LGL)が増加し、ある種の白血病との鑑別が重要になります。積極的な治療にもかかわらず、活動性の激しい関節炎が続き、白血球数とくに好中球(こうちゅうきゅう)数の減少が進んで感染症を繰り返します。

 最近では、抗リウマチ薬(メトトレキサート、ヒドロオキシクロロキン、レフルノマイドなど)やコロニー刺激因子(G‐CSF)により、白血球減少に対処できるようになりました。また、これらの治療が効果を示さない場合には、リツキサン(抗CD20モノクローナル抗体)が有効であることが報告されています。

膠原病と原因不明の全身疾患を小分類から探す

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで病院を探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります