ページ内を移動するためのリンクです

トイレ洗浄剤・パイプ洗浄剤 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

といれせんじょうざい・ぱいぷせんじょうざい

トイレ洗浄剤・パイプ洗浄剤

トイレ洗浄剤・パイプ洗浄剤について解説します。

執筆者:

トイレ洗浄剤・パイプ洗浄剤の解説(コラム)

 トイレ洗浄剤のなかには一部中性のものもありますが、一般にトイレ・パイプ洗浄剤は、スルファミン酸(アミド硫酸)や塩酸などを主成分とする強酸性のもの、または次亜塩素酸(じあえんそさん)などを主成分とする強アルカリ性のものがほとんどです。したがって、トイレ・パイプ洗浄剤を誤って口に含むと、強酸または強アルカリによる中毒が生じます。

 また、これらが眼や皮膚につくと、強い刺激を与えて腐食させるので、眼に入った場合は、流水で最低15分は洗浄したうえで眼科を受診します。皮膚についた場合は、まず水で洗い流し、石鹸でよく洗浄してから、症状をみて皮膚科を受診してください。

 なお、トイレ・パイプ洗浄剤に“混ぜるな 危険”と表示されているように、酸性の洗浄剤とアルカリ性の洗浄剤を混ぜると、化学反応により塩素ガスが発生することがあり、それを吸い込むと塩素ガス中毒を起こします。酸性とアルカリ性の洗浄剤は混ぜないよう十分に注意してください。

中毒と環境因子による病気を小分類から探す

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで内科を探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります