ページ内を移動するためのリンクです

マラリアの現状 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

まらりあのげんじょう

マラリアの現状

マラリアの現状について解説します。

執筆者:

マラリアの現状の解説(コラム)

 全世界の人口の約10%がかかっていると推定され、熱帯・亜熱帯の開発途上国に蔓延(まんえん)しているマラリアですが、現在、日本国内で感染する危険性はありません。近年新たに見つかっている日本国内での患者さんはすべて海外の流行地で感染し、国内に持ち込まれた輸入症例ばかりです。

 しかし、国内での発生が少ないことが逆に、患者さんを実際に診察する医師の経験不足につながっています。実際、診断・治療の遅れによる熱帯熱マラリアによる死亡例がこれまで数件起こっています。

 また、薬剤耐性をもつマラリア原虫の流行する国や地域は年々広まっていますし、地球温暖化によって、媒介する蚊の生存域も変化しています。アフリカ・東南アジア・中南米などの熱帯地域を旅行する時には、ぜひ注意しておくべき重要な感染症のひとつです。

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで整形外科を探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります