ページ内を移動するためのリンクです

回帰熱 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

かいきねつ

回帰熱

回帰熱について解説します。

執筆者:

どんな感染症か

齧歯類(げっしるい)小動物(ネズミやリスの仲間)、鳥類などを保菌動物とし、野生のヒメダニ(オルニソドロス属ダニ)やシラミによって媒介される細菌感染症で、回帰性の発熱を主な症状とする全身性の疾患です。病原体は回帰熱ボレリア(スピロヘータの一種)と呼ばれています。

アメリカ大陸、アフリカ、中東、ヨーロッパの一部で患者の発生が報告されていますが、日本では、少なくともここ数十年、報告例はありません。海外の流行地域での野外活動や、不衛生な環境での生活による感染に注意が必要でしょう。

症状の現れ方

菌血症(きんけつしょう)による発熱期、および感染は持続しているものの菌血症を起こしていない状態(無熱期)を数回繰り返す、いわゆる回帰性の発熱が特徴です。治療を行わない場合の致死率は、病原体の種類や健康状態などによっても異なりますが、数%程度といわれています。

(1)発熱期

感染後5~10日をへて菌血症による頭痛、筋肉痛、関節痛、羞明(しゅうめい)(まぶしがること)、咳などを伴う発熱、悪寒(おかん)がみられます。またこの時、髄膜炎(ずいまくえん)、点状出血、紫斑、結膜炎(けつまくえん)、肝臓や脾臓(ひぞう)の腫大、黄疸(おうだん)がみられることもあります。発熱期が3~7日続いたあと、いったん解熱し無熱期に移行します。

(2)無熱期

無熱期では血中からは菌は検出されなくなります。発汗、倦怠感(けんたいかん)、時に低血圧症や斑点状の丘疹(きゅうしん)をみることもあります。この5~7日後、再び発熱期に入るとされています。

前記の症状以外で肝炎、心筋炎脳出血、脾臓腫脹(しゅちょう)(はれ)、大葉性肺炎(だいようせいはいえん)などがみられる場合もあります。

治療の方法

回帰熱には抗生剤による治療が有効です。ダニ媒介性の回帰熱の場合は、ドキシサイクリン(ビブラマイシン)、テトラサイクリンが用いられます。シラミ媒介性の回帰熱の場合は、テトラサイクリンとエリスロマイシン(アイロタイシン)の併用、もしくはドキシサイクリンが有効とされています。治療に伴いヤーリッシュ・ヘルクスハイマー反応(抗生剤投与後に起こる、発熱、低血圧を主な症状とするショック)がみられることもあります。

予防のために

媒介ダニ、シラミとの接触を避けることが重要です。保菌ダニが生息する地域では、ダニが生息する洞窟、廃屋などにはなるべく近寄らないこと、また渡航先で回帰熱発生の情報を得た場合には、シラミやダニの刺咬に注意することが大変重要です。

回帰熱の初診に適した診療科目

病院検索の都道府県選択へ遷移します。

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで整形外科を探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

医学セミナーのご案内

NTT東日本関東病院 人間ドックキャンペーン

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります