ページ内を移動するためのリンクです

軟性下疳と鼠径リンパ肉芽腫症 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

なんせいげかんとそけいりんぱにくげしゅしょう

軟性下疳と鼠径リンパ肉芽腫症

軟性下疳と鼠径リンパ肉芽腫症について解説します。

執筆者:

軟性下疳と鼠径リンパ肉芽腫症の解説(コラム)

 1948年に制定された性病予防法では、梅毒(ばいどく)、淋病(りんびょう)、軟性下疳、鼠径リンパ肉芽腫症をその対象疾患としていました。制定当時は流行していた性感染症でしたが、近年では一変しています。

 軟性下疳は感染部位に痛みの強い壊疽性(えそせい)潰瘍と鼠径リンパ節の化膿性炎症を特徴とします。1945〜50年に流行しましたが、近年では海外で感染する人がわずかにいるのみです。

 鼠径リンパ肉芽腫症はクラミジア感染症で性感染症ですが、熱帯地方に多く日本ではまれです。初期の水疱(すいほう)は痛みはなく1〜2週間で治ります。1週間〜2カ月後に鼠径部のリンパ節がはれて化膿します。

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで整形外科を探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります