ページ内を移動するためのリンクです

淋菌による結膜炎 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

りんきんによるけつまくえん

淋菌による結膜炎

淋菌による結膜炎について解説します。

執筆者:

淋菌による結膜炎の解説(コラム)

 淋菌による結膜炎(淋菌性結膜炎)は、性行為感染症(STD)のひとつです。感染した人との性行為や、感染した女性が出産する時に胎児に感染(産道感染)します。結膜炎発症までの潜伏期間は1〜3日ですが、早期破水のある時は、より早い時期に発症します。高齢者ほど重症になりやすいといわれています。

 大部分が両眼性です。化膿度が非常に強く、大量の膿性クリーム状眼脂(がんし)(めやに)が特徴で、うみが閉じた目からあふれ出てくることが多いようです。極度の結膜充血や結膜浮腫(むくみ)も現れます。時に、角膜穿孔(かくまくせんこう)(穴があく)を起こす角膜潰瘍を合併することがあり、最も重い結膜炎のひとつです。

 なお、髄膜炎菌(ずいまくえんきん)による結膜炎も淋菌によるものと似ていますが、これは菌が髄膜など全身に広がるのが特徴です。

 検査は、眼脂の培養を行い、病原菌の検索と薬剤の感受性試験を行うことが基本ですが、病状から類推することが可能です。

 治療は、ペニシリン系抗生物質が第一選択薬です。近年、ペニシリン耐性(薬が効かない)の淋菌が増加しているので、注意が必要です。

 病気に気づいたら、必ず眼科専門医を受診してください。

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで整形外科を探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります