ページ内を移動するためのリンクです

母斑のレーザー治療について 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

ぼはんのれーざーちりょうについて

母斑のレーザー治療について

母斑のレーザー治療についてについて解説します。

執筆者:

母斑のレーザー治療についての解説(コラム)

 最近よく「レーザーで治してほしい」と受診する人が多くなり、関心のある人が増えてきたと実感しています。

 レーザーにはさまざまな種類があり、その用途に応じて選択しています。母斑のところで述べたレーザーではほくろをとったり、表皮母斑(ひょうひぼはん)を削ったりする炭酸ガスレーザー、太田母斑などで述べたQスイッチルビーレーザー、Qスイッチアレキサンドライトレーザーなどがあります。

 炭酸ガスレーザーを用いる治療は皮膚を削りとるのでしばらく傷ができ、その処置が必要です。メスと同じ感覚で、治療に際しては麻酔が必要です。深くとった場合は当然傷跡が残る可能性があり、傷を目立たないようにすると削り方が浅くなるので、多少ほくろが再発する可能性もあります。なお炭酸ガスレーザーは今のところ保険適用ではないので、担当医と相談してください。

 これに対してQスイッチのレーザー群は太田母斑などに保険が適用されます。やはり多少の痛みがあり、また一時的に皮膚にダメージが加わるので、しばらくガーゼなどを当てる必要があります。保険適用でない疾患もあるので、担当医と相談してから治療に入ってください。

 皮膚科領域のレーザーはほかにも数多くあります。ひと口にレーザー治療といっても対象疾患によってその照射方法、回数、費用、経過などは異なるので、事前に十分相談してください。

医師に相談しましょう

気になる症状があるときは、早めの受診をおすすめします。自宅の近くや通勤途中の駅など、通いやすい場所から専門の医療機関を探してみましょう。

iタウンページで皮膚科などを探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります