ページ内を移動するためのリンクです

白斑の原因になる化学物質 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

はくはんのげんいんになるかがくぶっしつ

白斑の原因になる化学物質

白斑の原因になる化学物質について解説します。

執筆者:

白斑の原因になる化学物質の解説(コラム)

 化学物質によって白斑が発生することはよく知られていますが、このような白斑では尋常性白斑(じんじょうせいはくはん)と区別をしにくい場合があります。職業的にフェノール化合物などの化学物質を扱う人に多くみられます。接触皮膚炎(せっしょくひふえん)(かぶれ)を起こしたのちに白斑になるものと、化学物質の色素細胞に対する毒性作用によるものとがあります。

 白斑を発生させる化学物質には、ハイドロキノン、メルカプトアミン、p‐t‐ブチルフェノール(PTBT)などのフェノール類、クレゾール、塩化水銀アミドなどがあり、なかでもPTBTによる白斑はよく知られています。

 PTBTを含む物質には脱臭剤、複写紙、ホルムアルデヒド樹脂、殺虫剤、印刷インク、ワニス、ラッカーなどがあります。

医師に相談しましょう

気になる症状があるときは、早めの受診をおすすめします。自宅の近くや通勤途中の駅など、通いやすい場所から専門の医療機関を探してみましょう。

iタウンページで皮膚科などを探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります