ページ内を移動するためのリンクです

線状皮膚炎 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

せんじょうひふえん

線状皮膚炎

線状皮膚炎について解説します。

執筆者:

どんな病気か

アオバアリガタハネカクシという昆虫の体液に触れた皮膚に、線状に赤い皮膚炎が生じます。

原因は何か

甲虫の一種で、アリに似た小型の昆虫であるアオバアリガタハネカクシ(図93)は、夜に灯火に飛来する習性があります。これがヒトの皮膚にとまった時に、たたいたり潰したりすると体液が皮膚に付き、その体液中のペデリンという物質によって皮膚炎が生じます。

症状の現れ方

1~2日で体液が付いた部分に線状に発赤やぶつぶつができて(図94)、数日でうみを生じたあと、ただれたようになります。

かゆみはなく、ヒリヒリした痛みを伴います。2~3週間で治りますが、あとに色素の沈着を残します。

検査と診断

皮膚の上で、アリに似た虫を潰した覚えがあるかどうかが診断の決め手になりますが、特徴的な症状なので臨床的に診断ができます。

治療の方法

初期はステロイド外用薬、皮膚がただれたあとは抗菌薬配合の外用薬を塗って、ガーゼを当てます。

病気に気づいたらどうする

まず、皮膚にとまったアオバアリガタハネカクシを潰さないことです。体液が付いた場合は、すぐに石鹸で洗い流してください。

線状皮膚炎の初診に適した診療科目

病院検索の都道府県選択へ遷移します。

医師に相談しましょう

気になる症状があるときは、早めの受診をおすすめします。自宅の近くや通勤途中の駅など、通いやすい場所から専門の医療機関を探してみましょう。

iタウンページで皮膚科などを探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります

×