ページ内を移動するためのリンクです

ヒト乳頭腫ウイルスの種類 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

ひとにゅうとうしゅういるすのしゅるい

ヒト乳頭腫ウイルスの種類

ヒト乳頭腫ウイルスの種類について解説します。

執筆者:

ヒト乳頭腫ウイルスの種類の解説(コラム)

 ヒト乳頭腫ウイルス(HPV)は、現在でも実験室における培養が不可能なため、それぞれのHPVについてDNAの相同性を調べることによって型が判別されます。現在のところ100種類以上のHPVが確認されています。

 ウイルスの型とそのHPVが起こす病変には、比較的高い相関があるものの、日常の診療で通常に検出されるHPVは少数の代表的なものである場合が多く、病変の部位や性質から大きく皮膚型、粘膜型、悪性型の3つに分けます。

 皮膚型は尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)に代表されるような皮膚のいぼをつくるウイルスで、2型、4型などが入り、粘膜型には尖圭(せんけい)コンジローマの原因ウイルスである6型、11型など、悪性型には子宮頸(しきゅうけい)がんなどの悪性腫瘍発生に関連する16型、18型などが分類されます。

医師に相談しましょう

気になる症状があるときは、早めの受診をおすすめします。自宅の近くや通勤途中の駅など、通いやすい場所から専門の医療機関を探してみましょう。

iタウンページで皮膚科などを探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります