ページ内を移動するためのリンクです

骨髄穿刺・骨髄生検 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

こつずいせんし・こつずいせいけん

骨髄穿刺・骨髄生検

骨髄穿刺・骨髄生検について解説します。

執筆者:


骨髄穿刺・骨髄生検の解説(コラム)

 骨髄は、骨の中にあるゼリー状の組織で血球の工場です。ここに針を刺して骨髄血を採取する検査を骨髄穿刺、より太い針で骨髄の一部(組織)を採取する検査を骨髄生検といいます。血液検査で血球数の増加・減少、異常細胞の出現が認められた場合に原因を確認するために行われる検査です。

 また、白血病(はっけつびょう)や悪性リンパ腫(しゅ)、多発性骨髄腫(たはつせいこつずいしゅ)などの血液疾患では、その診断のためだけではなく、治療効果の判定や病気の広がり(臨床病期)を確認するためにも骨髄検査を行います。

 骨髄穿刺はベッドサイドで比較的短時間で行うことができ、外来でも行うことが可能です。検査をする時には、ベッド上でうつ伏せになって腰からお尻を出してもらいます。検査は腰の骨(腸骨(ちょうこつ))で行います。

 検査部位の皮膚を消毒した後、皮膚と腸骨表面に局所麻酔をし、皮膚、骨を通して骨髄穿刺針を骨髄に達するまで進めます。骨髄に針が到達したところで針に注射器をつけて2〜3ccの骨髄血を吸引します(図12)。採取した骨髄血はスライドガラスに塗りつけて染色し、顕微鏡で細胞の形態を観察します。さらにその一部で染色体、細胞表面マーカー、遺伝子の検査を行います。

 骨髄穿刺に続いて骨髄生検を行う場合は、再度麻酔をして、穿刺を行った部位により太い針(ジャムシーディ針)を刺して、骨髄の組織を採取します。採取した組織は薄く切り、スライドガラスに載せて染色し、顕微鏡で観察をします。骨髄生検は骨髄そのものの状態を観察できる利点があり、骨髄の線維化や悪性リンパ腫、多発性骨髄腫の状態の評価に適しています。

 骨髄穿刺は前胸部の骨(胸骨(きょうこつ))からも可能ですが、大血管や心臓を包む膜(心膜)、肺に損傷を与える恐れがあるため原則としては行わず、安全性の高い腸骨で行います。骨髄生検は腸骨以外では行われません。

 骨髄検査の合併症としては、検査部位の出血・疼痛の持続、血の固まり(血腫)の形成、神経の損傷、検査部位の感染症、局所麻酔薬によるアレルギーが現れることがまれにあります。

血液・造血器の病気で処方される主な薬剤を探す

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで内科を探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります