ページ内を移動するためのリンクです

リンパ節生検 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

りんぱせつせいけん

リンパ節生検

リンパ節生検について解説します。

執筆者:

リンパ節生検の解説(コラム)

 リンパ節生検は、病的と思われるはれたリンパ節を直接採取して、顕微鏡で詳しく調べる検査法のことです。リンパ節がはれる原因が不明である場合、その確定診断のために行われます。悪性リンパ腫には別項のとおりいろいろな組織型があり、生検によって適切な治療法の選択や予後の推測を行うことに役に立ちます。

 リンパ節生検を行う場合は、切除生検(手術的にとる方法)が原則です。実際には、多くの場合、局所麻酔下でリンパ節生検を行いますが、体表にはれたリンパ節が存在しない場合には全身麻酔を行って、体の深いところから組織を採取することがあります。

 採取したリンパ節は顕微鏡下での形態学的診断に用いられるほか、フローサイトメトリー(FCM)法を用いた表面抗原解析、また染色体分析やFISH法による解析、必要に応じて遺伝子検索が行われます。

 なお、縦隔や腹部大動脈周囲の深部リンパ節腫脹のみ認める症例については、CTガイド下針生検が有用であることがあります。この場合、採取可能な検体量は針生検であるため必然的に少なく、悪性リンパ腫の診断は得られても組織型の決定が困難なことがあります。

 リンパ節生検による合併症は、局所の出血や疼痛(とうつう)などがありますが、多くは一時的なものです。なお、悪性リンパ腫のリンパ節腫脹は、頸部に好発するため頸部リンパ節が生検される場合が多いのですが、この場合には副神経損傷に注意が必要です。

血液・造血器の病気で処方される主な薬剤を探す

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで内科を探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

NTT東日本関東病院 人間ドックキャンペーン

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります