ページ内を移動するためのリンクです

腎性糖尿 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

じんせいとうにょう

腎性糖尿

腎性糖尿について解説します。

執筆者:

腎性糖尿の解説(コラム)

 糖尿病は英語ではdiabetes mellitusといい、「甘い尿」という意味です。したがって、尿に糖が出る病気ということになります。しかしながら、尿に糖が出ても、糖尿病でない場合もあります。

 一般的には、血糖値が180mg/dLを超えていると、尿に糖が排泄されます。この値を境目の値ということで、閾値(いきち)といいます。この閾値が生まれつき低い人がいます。こういう人では、食後にわずかに血糖値が上がって130とか140mg/dLになっただけでも、尿に糖が排泄されます。

 腎臓の閾値の異常のために尿に糖が出るということで、「腎性糖尿(じんせいとうにょう)」と呼ばれます。しかしながら、この場合には、糖尿病の患者さんのような高血糖はなく、糖尿病ではありません。妊娠中にも、女性ホルモンなどの影響で閾値が低下し、血糖値がそんなに高くなくても、尿に糖が出ることが知られています。

代謝異常で起こる病気で処方される主な薬剤を探す

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで整形外科を探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

NTT東日本関東病院 人間ドックキャンペーン

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります