ページ内を移動するためのリンクです

ビタミンのはたらき 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

びたみんのはたらき

ビタミンのはたらき

ビタミンのはたらきについて解説します。

執筆者:

ビタミンのはたらきの解説(コラム)

 ビタミンは、(1)毎日摂取する必要がある栄養素で、(2)1日100mg以下の微量摂取で十分であり、(3)有機物であり、(4)体内ではほとんどつくられない、と定義されます。

 ビタミンは大きく、水溶性ビタミンと脂溶性(しようせい)ビタミンとに分類されます。

 水溶性ビタミンには、ビタミンB1B2B6B12、パントテン酸、ニコチン酸、葉酸、ビオチンなどのビタミンB群とビタミンCが含まれます。

 脂溶性ビタミンには、ビタミンA、D、E、Kが含まれます。

 当初は、ビタミンB群の補酵素(ほこうそ)(酵素の作用発現を助ける物質)としての作用が主によく知られていましたが、最近になって各ビタミンが生体内でさまざまな作用をもっていることが明らかになってきました。

内分泌系とビタミンの病気で処方される主な薬剤を探す

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで内科を探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

NTT東日本関東病院 人間ドックキャンペーン

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります