ページ内を移動するためのリンクです

多嚢胞性卵巣症候群 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

たのうほうせいらんそうしょうこうぐん

多嚢胞性卵巣症候群

多嚢胞性卵巣症候群について解説します。

執筆者:

多嚢胞性卵巣症候群の解説(コラム)

 PCOS(polycystic ovary syn-drome) と略称されます。(1)肥満、(2)月経異常(生理が来ない、間隔が長いなど)、(3)男性型の多毛(濃いひげやすね毛、へその高さまで広がる陰毛など)を3つの大きな徴候とする疾患群です。

 明確な原因はまだ特定されていません。インスリン抵抗性(肥満でよくみられる、血糖が下がりにくい状態)や、卵巣からの男性ホルモン過剰産生など、複数の要素が組み合わされてできた状態であると考えられています。名称のとおり、卵巣には多数の嚢胞が観察されます。

 治療には、妊娠可能な状態の回復を優先する時は、排卵誘発剤が用いられます。hCG‐hMG注射も使用されます。厚くなった卵巣の皮に切れ目を入れる手術を行うこともあります。月経の正常化には、周期的女性ホルモン補充療法(カウフマン療法)が行われます。インスリン抵抗性改善作用をもつ糖尿病薬であるメトホルミン塩酸塩(グリコラン)やピオグリタゾン塩酸塩(アクトス)などが有効なこともあります。

内分泌系とビタミンの病気で処方される主な薬剤を探す

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで内科を探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります