ページ内を移動するためのリンクです

アルドステロンの標的臓器 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

あるどすてろんのひょうてきぞうき

アルドステロンの標的臓器

アルドステロンの標的臓器について解説します。

執筆者:

アルドステロンの標的臓器の解説(コラム)

 副腎皮質から分泌されるアルドステロンはおよそ50年前に発見され、それ以来ずっと、腎臓の集合管と呼ばれる場所に作用するホルモンであると認識されていました。

 尿細管や集合管は、体に必要な電解質(酸・塩基など)や水分などの排泄を調節する場所で、アルドステロンが作用する集合管細胞には、ナトリウムを再吸収したり、カリウムを排泄したりする経路やポンプがあります。アルドステロンはこれらに作用し、体のナトリウムの再吸収やカリウムの排泄を促し、血圧に影響していると考えられていました。

 実際、アルドステロンが過剰に分泌される原発性アルドステロン症は、低カリウム血症と高血圧を来す病気で、治療によりアルドステロンの過剰が是正されると血圧も改善します。

 アルドステロンが腎臓に作用し、カリウムや血圧に影響するのは確かですが、近年、これらの作用以外に、アルドステロンは心臓や血管などの臓器を直接障害することが明らかになってきました。そして、これまでアルドステロン作用阻害薬として、腎臓に対する作用だけを考えて使っていた薬剤(スピロノラクトン)が、うっ血性心不全などの心臓の病気にも有効であることが示されています。最近では、アルドステロンの作用に注目した新しい心臓の薬や血圧の薬も開発されています。

内分泌系とビタミンの病気で処方される主な薬剤を探す

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで内科を探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

医学セミナーのご案内

NTT東日本関東病院 人間ドックキャンペーン

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります