ページ内を移動するためのリンクです

テタニー 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

てたにー

テタニー

テタニーについて解説します。

執筆者:

テタニーの解説(コラム)

 カルシウムは、筋肉の収縮に重要な役割を果しています。とくに骨格筋は神経からの刺激を受けて収縮しますが、血液中あるいは細胞外のカルシウム濃度が低下すると、神経から骨格筋への刺激が強まります。また、神経自体も興奮しやすくなります。このため、低カルシウム血症の患者さんでは、こむら返りや筋肉のけいれんが起きやすくなります。

 このような低カルシウムによるけいれんをテタニーと呼んでいます。重度の低カルシウム血症では全身性のテタニー発作を起こすこともあり、てんかんと間違われることもあります。

 したがって、原因不明のけいれん発作があった場合には、必ず低カルシウム血症によるテタニーの可能性を考え、血中カルシウム濃度を測定する必要があります。

内分泌系とビタミンの病気で処方される主な薬剤を探す

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで内科を探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります