ページ内を移動するためのリンクです

生体のはたらきを支えるホルモン 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

せいたいのはたらきをささえるほるもん

生体のはたらきを支えるホルモン

生体のはたらきを支えるホルモンについて解説します。

執筆者:

生体のはたらきを支えるホルモンの解説(コラム)

 体全体を調節する機能を担うものには、大きく分けて神経系と内分泌系とがあります。神経系はちょうど電話のような情報伝達系で、神経の走行に沿って狭い範囲に電気信号を使って迅速に情報を伝達します。

 一方、内分泌系は郵便のような情報伝達系で、ちょうど葉書の役割にあたるホルモンが血液のなかに入って流れ、郵便受けの役割にあたるホルモン受容体に結合すると情報が伝達されます。したがって情報伝達の速度はゆっくりですが、ホルモン受容体のあるところなら全身のどこにでも情報が伝達されます。

 ホルモンというと性ホルモンが思い浮かびますが、今では100以上のホルモンが見つかっており、それぞれ固有の役割をもっています。ホルモンを分泌する臓器としては、間脳(かんのう)(視床下部(ししょうかぶ))、下垂体(かすいたい)、甲状腺、副甲状腺、副腎、卵巣、精巣があり、これらは内分泌臓器と呼ばれ、多くのホルモンを分泌しています。

 それ以外にも心臓の心房細胞からはナトリウム利尿ホルモンが、脂肪細胞からはレプチンが、胃からはグレリンがというように、従来は内分泌臓器ではないと考えられていた臓器からもホルモンが分泌されていることがわかってきました。

 これらのホルモンがそれぞれ微妙なバランスをとって生殖、食欲、飲水、睡眠など、生体の根元的なはたらきを支えているので、ホルモンバランスが崩れるとさまざまな症状が現れてきます。

内分泌系とビタミンの病気で処方される主な薬剤を探す

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで内科を探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります