ページ内を移動するためのリンクです

妊娠と出産後の甲状腺の変化 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

にんしんとしゅっさんごのこうじょうせんのへんか

妊娠と出産後の甲状腺の変化

妊娠と出産後の甲状腺の変化について解説します。

執筆者:

妊娠と出産後の甲状腺の変化の解説(コラム)

 妊娠時は甲状腺が少し大きくなります。甲状腺ホルモンを結合する蛋白が増えるのでチロキシン濃度は2倍にも増えますが、甲状腺の機能を示す遊離チロキシン濃度は妊娠初期にわずかに増え、後期には非妊娠時の正常範囲の下限となる程度のわずかな変化なので、妊娠した時は遊離チロキシン濃度で甲状腺の機能を評価することが重要です。

 一方、出産後は4分の1くらいの人に甲状腺機能の変化が認められ、この多くは無痛性甲状腺炎であることが明らかになっています。従来、産後のひだちが悪いといわれていたもののうちのかなりのものは、この疾患だったのだろうと考えられています。

 また、バセドウ病は妊娠中はよくなって、出産後に急に悪くなることが多いので、甲状腺疾患のある患者さんは妊娠前後の時期は甲状腺専門医の管理をきちんと受けることが重要です。そうすればバセドウ病治療中であっても、一律に妊娠・授乳は禁止ということはありません。

内分泌系とビタミンの病気で処方される主な薬剤を探す

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで内科を探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

医学セミナーのご案内

NTT東日本関東病院 人間ドックキャンペーン

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります