ページ内を移動するためのリンクです

インターセックスと性分化 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

いんたーせっくすとせいぶんか

インターセックスと性分化

インターセックスと性分化について解説します。

執筆者:

インターセックスと性分化の解説(コラム)

 インターセックスという言葉を目にするようになりました。日本語では半陰陽(はんいんよう)という用語に当たり、男性と女性のどちらとも判別できないことを指します。

 発生における性分化は、その謎深さゆえに古くから発生生物学者の興味の対象でした。近年になり、分子生物学の発展に伴って性分化に関わる重要な遺伝子やそのはたらきが明らかになってきましたが、性分化はその複雑さのため全貌を理解することはなかなか困難です。

 性分化の大筋は、(1)染色体(遺伝子)の性、(2)生殖腺の性、(3)内・外性器の性、という3つの段階に分けて考えることができます。

 まず、染色体の性ですが、男性の性染色体はXY、女性はXXです。そのため昔から、Y染色体上に男性になることを決める遺伝子があると考えられていました。実際にY染色体にはSRYという遺伝子があり、この遺伝子が精巣を作るはたらきをします。

 しかしSRYがY染色体以外の場所にある例もあり、その場合は性染色体がXXでも男性へと分化していきます。一方、SRYのない場合には生殖腺は卵巣になります。生殖腺が精巣もしくは卵巣に決まった後は、内・外性器が発達します。

 精巣からは男性ホルモン(テストステロン)が産生され、その作用により男性としての外性器(陰茎・陰嚢(いんのう))が発達します。一方、テストステロンがない場合、外性器は女性型になります。テストステロンがあってもその作用が不十分であれば、女性型に近づきます。たとえば、テストステロンの受容体に異常がある場合は、テストステロンが作用せず、XY染色体をもち精巣があるにもかかわらず、外見は女性になります。

 広い意味で、性分化の過程は出生後の第二次性徴にまで及びます。このように、性分化には長い期間にわたって多様な因子が関与しており、男性と女性という2つの性だけではない結果もあるのです。

男性生殖器の病気で処方される主な薬剤を探す

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで泌尿器科を探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります