ページ内を移動するためのリンクです

男女の不妊の関係 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

だんじょのふにんのかんけい

男女の不妊の関係

男女の不妊の関係について解説します。

執筆者:

男女の不妊の関係の解説(コラム)

 以前は、女性が不妊原因の80%、男性が残り20%を占めると考えられていましたが、現在では男性40%、女性40%、残り20%は男性と女性がともに原因をもっていると考えられています。

 最近の医療の進歩により女性の排卵障害や卵管閉塞症、子宮内膜症(しきゅうないまくしょう)などに対する治療が可能になってきたため、最も治療が困難なものとして、男性側の要因である高度乏(ぼう)精子症や無精子症があげられます。残念ながらこれらに対する投薬や手術療法は進歩していません。

 しかし、1990年代から始まった体外受精技術により、高度乏精子症や無精子症の患者さんでも、精巣内から精子をさがし出して体外受精を行えば妊娠可能になってきました。ただし、これらの治療は女性に多くの負担を強いることや、生まれてきた子どもたちの健康については明らかになっていないという側面があります。今後、高度乏精子症や無精子症に対する安全な治療方法の開発が期待されています。

 以上のことからも、結婚して2年たって不妊症が心配になったら、男性も検査を受けることをすすめます。

男性生殖器の病気で処方される主な薬剤を探す

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで泌尿器科を探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

医学セミナーのご案内

NTT東日本関東病院 人間ドックキャンペーン

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります