ページ内を移動するためのリンクです

まぎらわしい捻転症 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

まぎらわしいねんてんしょう

まぎらわしい捻転症

まぎらわしい捻転症について解説します。

執筆者:

まぎらわしい捻転症の解説(コラム)

 精巣には精巣垂(せいそうすい)、精巣上体には精巣上体垂(せいそうじょうたいすい)と呼ばれる2〜3mmぐらいの突起が上部についています。これは胎生期の遺物で機能はまったくなく、不必要な器官です。

 ところが、この部分がねじれて精索捻転(せいさくねんてん)症と同様な症状を示すことがあるのです。幼少時に多くみられます。

 陰嚢(いんのう)の一部に青くはれあがった精巣垂、精巣上体垂が透(す)けて見えること(ブルードットサイン)があります。痛みは徐々におさまりますから、診断が確定すれば様子をみてかまわないのですが、多くは精索捻転症と区別が困難で、手術して初めてわかることが多いようです。

 精巣垂や精巣上体垂が捻転していた場合は、必要のない器官ですから切除してしまいます。とくに後遺症が残ることはありません。

男性生殖器の病気で処方される主な薬剤を探す

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで泌尿器科を探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

医学セミナーのご案内

NTT東日本関東病院 人間ドックキャンペーン

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります